2016年02月19日

お話会と漫画最新話更新

お知らせが二つあります。
===

2016/3/5に、調布市のカフェで、お話させていただきやす。
お話のあとは、サインとかもできますし、私宛のお手紙を受け取ったりできますよ。
この機会にどうぞお越しくださいね。待ってます〜。
詳細、予約申し込みはこちら↓からお願いいたします。
http://cosite.jp/event/15130
※ランチと保育は定員のためお申し込みいただけません

====
large_4b4003815d2a7906094f662e8b4591490d95c155
「お母さんみたいな母親にはなりたくないのに」
の第4話の前半が更新されましたよ。読んでくださいね。
最新話のタイトルは
「娘にピンクが着せられない!」
こちらから↓今なら無料で読めます。
https://cakes.mu/posts/12265

2歳半くらいまでは、子ども自身、自分のことをなんなのかよく分かってないっていうか、2歳半くらいから急に地球人としての自覚が降りてくる、みたいな感じで、突然「THE 人間」になるんですよね。(個人差あると思うけど、うちはそんな感じでした)
それまではなんていうか、半分胎児期、みたいな感じ。
お腹の外に出てるけど、2歳半までは抱っこすると本当になんか、すっごく疲れました。誰もそんなこと言ってないんで、科学的にはなんの確証もないけど、私は絶対、2歳くらいまでは親とか周りの大人たちからエネルギーとか栄養を吸い取ってるんだと思います。だって疲れすぎたもん。

でも、人間感は低いっていうか自己主張してこないから、2歳半までの間は猶予があるって感じで、大人側がいろいろ考えることができる時期だったんだなーって今になって思います。

「お母さんみたいな母親にはなりたくないのに」の第4話のエイコさんは、0歳の育児中。
有効なことも無駄なこともいろいろ考えているようです。
読んでみてくださいねー

====


posted by tabusa at 23:59| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

今現在日本一セクシー

「ダメな私に恋してください」も見てるんですよ。
もう、深キョンがセクシーすぎて、ナイスバディすぎて、ビックリしますね。
ギョッとするレベル。
豊満。20代には出せないクオリティ。
ポスト五月みどり。
腰から尻にかけてのラインとか、マジすげえから。目がパチクリしちゃうよ。
だけどドラマの中では、色気のかけらもない地味な処女三十路、みたいな設定だから
ディーン・フジオカにセクシーじゃない、ってことをバカにされるみたいなシーン
があって、わけがわからなくなる。
これはドラマで、実際に色気のない地味な女がやっても誰も見ないからその役を
深キョンがやっているだけで、深キョンがヒモパン履くとか普通すぎ似合いすぎだけど
ドラマの中では「地味女がヒモパン履くっていうギャグ」として流れているんだ、
といちいち脳内で変換しながら見なきゃいけないので、すごい大変です。
posted by tabusa at 23:59| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

パー餃

もう見つかりました。
パーフェクト餃子。
取り寄せ2件目で。
ぎょうざのまるおかっていうとこ。
超人気店。
人気店はやっぱうまい。
posted by tabusa at 23:59| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

バレ

夫にチョコあげました
たまたま数日前、デパ地下を通ったらやたら女の人がたくさんいて、バレンタインかーと思って、目に入ったいい感じのやつを買いました(「バレンタインかー」から5秒以内)。
店員の人に「これ、今日入荷してもうこれで最後の一個ですよ!」って、間に合ってよかったですね!みたいに興奮気味に言われました。パッとこれください、って言ったから、これ買うぞ!って決めてきた人に見えたんだろうな。おめでとうございます!みたいに言われて得した気分でした。
ドライフルーツをチョコでコーティング系のやつで、私はこういうの苦手なんだけど、夫にはちょうどよい感じでした。
posted by tabusa at 23:59| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

覚せい剤

コンビニのトイレって、急にそこだけめっちゃ怖い、みたいなところありますよね。
汚いとかそういう問題じゃなくて、コンビニ店内の空気とぜんぜん違う空気っていうか、
「なんか分かんないけどとにかくここにいてはいけない!」って直感がビーンってなる感じ。
入った瞬間にイヤだッ!と思って飛び出したことが何度もあるんだけど、(特に子どもと入った時)
この記事を読んで、なるほど、そういうことだったのか、と謎が解けました。

覚せい剤依存症患者の日常と治療
http://www.buzzfeed.com/satoruishido/kakuseizai-interview?utm_term=.wx6Q4KxlJ

コンビニのトイレの全部が全部、行われてるわけじゃないだろうけど、でも多くの人(社会の中では一部の人でも)から「あそこでできる」ってカウントされてる場所って、実際行われてるわけじゃなくても、空気がそういう感じにすさんでくるんだろうなと思った。そうやって“やりやすい場所”になっていく。感じ。

本当に大きなお世話だけど、上記の記事読んでいて宮崎議員(ゲス不倫)が浮かんで仕方なった。
覚せい剤のところを恋愛とか性欲とか女体に変えて読むと、あの謝罪会見の珍妙さが紐解ける感じ。

あとオリラジの歌のネタ、すっごい笑ってしまった。超面白かったな。あっちゃんの顔がでかくて可笑しい。

あとは地味に人生観が変わる出来事があった日でした(大げさ)
posted by tabusa at 23:59| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

妻の妊娠中不倫議員

妻の妊娠中不倫議員、ショックだな。
信じたくないです。
人んちの旦那の不倫を信じたくないなんて初めてですよ。
だってあんな育休宣言して、あの人いま現在世界一、不倫しちゃいけない人じゃん
彼の人生の中で、こんなに不倫しちゃいけない時期ってありますか? 
いつ不倫しちゃいけないの? 今でしょ!

(ここからは、以下の私の漫画「お母さんみたいな母親にはなりたくないのに」の第3話の後編『世の中にはA面とB面がある』を読んだ人しかよく分かんなくてすみませんが、そういう感じで進めますね)
https://cakes.mu/posts/12113

宮崎議員は、議員という極A面の立場から、「僕、B面男子になります!」って宣言したわけですよね。
政党とか個人的なものとのかの何かの策略がからんでるような若干の胡散臭さはあったけど、そういう、極端なA面とB面の橋渡し的な存在っていうのは今までいなかったから、ちょっとこっちは期待しますよね。
「こっち」っていうのは、B面に来させられてて両面のつじつま合わせしてる人たちのこと。
家族(主に妻)という超近しい者がB面行ったり来たりしてるのに、それに全く気付かずに平然と今まで通りA面だけで過ごしてる人が、B面にも気を配ってくれるようになったら、世の中の平和度は上がるからね。
宮崎議員が、そこに彼の思惑があったとしても、そのシンボルになってくれる人がいるといないじゃぜんぜん違うし。

それが、浮気だって。しかも、男の性欲・征服欲・遊びに寛大というかそれを中心に動いているA面でも、一番「最低」と軽蔑される「妻の妊娠中の浮気」。
なんか私は信じたくない、っていう気持ち。
「B面に、出張行きます!」って言う人が、そういうことになるって余りにも出来過ぎだから、嘘であってほしい、ハニートラップであって欲しいって思ってしまう。

それに、あれだけ大きく宣言しておいて、出産間近の妻の世話をする様子を自宅の中まで撮らせてた人が、いくらなんでも浮気するのか? って思う。
性欲ってそういうものなの? 
もう自分が今まで信じてた概念や許容してた当然が覆されちゃう感じがするんですけど。
そんなバカがいるのか? いたらもう、何を信じればいいんだ? っていう感じ。

もしハニートラップとしても。それを仕掛けるのは絶対A面の人だし、仕掛けるA面がいるっていうこと自体がもう絶望。どこから見てもA面とB面の、今まで以上の更なる分断でしかないっていうのが絶望なので、目を逸らしたい。

宮崎議員はもともと女ったらしの絶倫、ビョーキ、という報道も出てますね。
もし本当に絶倫故の事態であれば、その絶倫は、依存症と呼べる、治療を必要としていいものだと思います。だって、こんな絶対しちゃいけない人が絶対しちゃいけない時期にしちゃうなんて、普通の人が「やっちゃいけないこと(犯罪・痴漢・万引きなど)」をやっちゃうのと同じレベルの話だよ。
自分の人生が狂うって分かっててもやってしまう、分からなくなってしまう、そういうのが依存症だから。

とりあえず、以上です。

○今日の読書○
61dqKlDEgML.jpg





posted by tabusa at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

いったん親のせい漫画更新

一番好きな餃子、どれだろう〜って考えたんだけど、
ハオチャオズでした いまのところ
チェーン店。
どっこにでも売ってるやつだったぜ

==================

「いったん親のせいにしてみたら案外うまくいった」の第2回が公開されました
http://blog.bookpeople.jp/angai/
こちらもすごい漫画ですよ
今回は、親から子への「洗脳」の手法みたいな感じです。

本当に、自分にかかった洗脳を解いてそこから逃れるというのは大変な作業ですね。

悪意無く親の立場で洗脳をしちゃう人が、それに気付いてやめる、というのもものすごい難しいことであり、さらに洗脳されている第3者を助ける、ということも難しい。

難しいだらけですが、この漫画を通して、自分の自由に生きることの素晴らしさを描きたいと思っています。

============
○今日買えなかった本○
517HMYfkNWL._SX373_BO1,204,203,200_.jpg
posted by tabusa at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

カリスマアンナ

朝のワイドショーに梅宮アンナが出てました。
中学生の娘はアンナの父の梅宮たっつぁんと暮らし、たっつぁんの作ったごはん(料亭みたいに完璧な腕前)を食べて暮らしてるとのこと。アンナさんは別のマンションで一人暮らしをしてるんだって。
たっつぁんはインタビューで
「父親のいない孫に『お父さん』と呼ばせようとしたけど呼んでくれない」
「孫はきっと本当の父親を欲している」
「だからアンナには再婚して欲しい」
「だけどアンナは結婚に向いてない」
とか、さんざん言ってました。
いかにもアンナさんが“母親業”に向いてないとんでもない娘だから父親が仕方なくやってる、みたいになってるのが、うへぇ〜って思いました。関係ないのに。放っておけばいいのに。じいさん出てこなくていいのに。
世間的には、中学生の子どもと一緒に住んでないアンナさんにバッシング集中だけど、アンナさん偉いわ・・・って思った。
思えばアンナさんは私が中学生の頃からコギャルのカリスマで君臨してて、ずっとワイドショーにいますよね。そのキャラクターは、自由奔放で親を困らせる悪い娘、って感じ。今も「育児を親に押し付けてる悪娘」って印象を世間に提供してて、梅宮親子、20年間ブレてない。

親子問題では、孫を自分の子のように育ててしまうことで娘の役割と居場所を奪うビッグマザー(ビッグファザー)ってあるあるで、なんかそれを思い出してしまう。
私は自分の身内の構造的に、自分の母親をアンナさんに重ねてしまう、という部分もあります。(母親へ直接的に応援や同情や慈悲の念を向けることがどうしても心理的にできないので、どことなく彷彿とさせる芸能人〈松居一代、泰葉、梅宮アンナ等〉を応援することで自分が癒やされる)
別にアンナさんちはそれで悩んでるとかじゃないから大きなお世話だけど、でも、いつでもアンナさんは梅宮家のトラブルメイカー扱いされてて、未だにそんな感じ。逆にアンナさんのほうがそれを受け入れて、明るく生きようとしているって印象で、マラソンみたいなのやったりしてた。なんにしても、隠さないで世間に発表するのがすごい。

○今日の注文図書○
617xa4ZVOEL._SX348_BO1,204,203,200_.jpg
posted by tabusa at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

テラハ

テラスハウスが大好きで、毎回、通常版を観たあと、副音声を観ます。
ネットフリックスで始まってからはそっちで観てます。そっちに慣れてるとテレビ版見た時「わ、なんかCM予告とか音が派手」ってびっくりするよね(テラハあるある)。

でも周りの友人知人でテラハ好きな人がひとっこ一人いないです。誘い込もうとしても「観ようと思ったけどテンションが無理」って言われます。全員に。
私もずっとなんだこれ、無理って感じだったんだけど、2014年の始めくらいから急にドハマりしてそれまでの動画をオンデマンドで全部見ました。5000円くらいかかったけど悔いはゼロ。
みんなあのオシャレな若者たちのやりとりだけだと思ってるけど、YOUとか山ちゃんの感想っていうか、そういうのがあるから30代40代もぜんぜん観れますよ。

今シーズンも面白いですよ。

posted by tabusa at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

月9

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」も、へんなやつと暮らしてるシーンがあったっていうか、それがおおもとになってますよね。でもへんなやつと暮らしてる系、とはカテゴライズできないかな。
でもほんと、柄本明のいやさ気持ち悪さハンパなかった。安田顕も。すごかったな。
でもこのドラマ自体、なんかテンポなのかな、なんかすっごい独特に作ってありますよね、すべて計算された自然とわざとらしさ、の中に、急に作り手(役者ではない)の天然がポンって出てくる、っていう感じがあって、どうせ月9だろみたいに気を抜いて見てると急にふわっと妙な感じにさせられて、結局ジッと画面を見てしまう、っていうのがすごい新しくて面白い。危うさがあるんだよね。ストーリーとかキャラにではないとこにそれがあるのがおもしろいな。八千草薫が出てくるのもうれしいね。

○今日の読書○
001 (1).jpg
posted by tabusa at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする