2016年03月22日

泣けるサイト

ネットのまとめサイトで「お母さんの子どもを思う気持ち」みたいなのよくありますよね。
「あなたの誕生日はあなたのお母さんががんばった日です」みたいな格言のまとめみたいなの。

ああいうの、前は目にする度に落胆っていうか、拒否反応すごかった。絶対に最後まで読めない。いちいちそうやって本気で心底イラつく、怒りが湧いてくる、っていう自分がすごいイヤだった。
そういうのでじーんとしない、ウルッと来ないどころか怒りが湧くって、人として欠陥なのかな、みたいな。
だからネット上にそういうページがあることすらも許せない、みたいな壮大な苦しさ感じてました。

最近はなんとも思わない。わざわざクリックして読まないし。
でもこないだ『お母さんがウザいと思ったことがある?これを読むとそれが止まる。(http://www.imishin.jp/9-mother-secrets/)涙を拭くものを用意して!』っていうのがタイムラインに流れてきて、なんとなくクリックしてみた。
冒頭から「は?笑」って思って、「は?」と思いながらも怒りも落胆もしないまま、最後まで読めました。

海外のを翻訳したものなのかな?ちょっと日本語がへんなとこあったけどそれとは別に、書いてあること自体が意味不明っていうか、こういうのって、子ども側の人が書いてるんだろうか、母親側の人が書いてるんだろうか。
もし、自分の子が大きくなって「母親うぜー」とか言ったとして、誰かがうちの子にこのページみたいなことを言って諭してたらうぜーなーって思った。全母親の気持ち言い切れるお前は誰なんだよ、的な。

前は、こういうのを読んで泣けるというのが、親子関係の苦しみから解放された合図っていうか、赦しのゴールなのかなと思ってたことも少しあった。だけど、こういうのは解放度が関係してるんじゃなくて、好みの問題なんだなと思いました。だって娘として読んでも母親として読んでもぜんぜんピンと来ないもん。

====

昨日(3/21)19時からTBSでやってた特番「生命38億年スペシャル“人間とは何だ…!?”」で、毒親・毒母のことをやってて、「母がしんどい」も出てました。
安住さんが手に持ったまま、かなり長い時間話してましたよ。

CeEpXzcUIAElM6B (1).jpg-large
(この写真は桃山商事の佐藤さんが撮ってツイッターにアップしたものです)
このあと「母がしんどい」のコマが映り、声優の人がセリフを朗読して再現漫画ドラマみたいのが数分ありました。
出るかもって連絡は来てたけど、こんなにたくさん使われるとは知らなかったのでびっくり。うれしいな。
内容を朗読してるところは、家族もいたので猛烈に照れくさくなり、「きゃーーーぎゃーーー!」と騒いで音声をかき消しました。その直後から用事があったので、番組はそこまでしか見られなかった。
テレビで「毒母」特集やるの久しぶりだったね。
posted by tabusa at 10:43| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

ジョゼりました

空いた時間にネットフリックスで「ジョゼと虎と魚たち」をつい再生しちゃいました、
オープニングがやばいわ、映像と音楽とクレジットの名前ね。ギュンギュンにきますわな。
逆に公開時は全く見られない、見たくない、見たら死ぬ、みたいな感じで、話題になりまくってたけど脳から情報を排除してました(暗黒期)

江口のりこが出てた。もう、めっちゃめっちゃあの時代のカワイコちゃん。スレンダーででも胸があって、あのなにあのショートヘア、どうなってんだ、あれ『昔』の髪型だけど、今でもぜんぜんスーパーかわいいのに、あの髪型の子いま見ないな。いま街で見たらダサく見えるのかな。むちゃくちゃオシャレなのに。
とにかくあのスレンダーヌードでショートヘア、って2000年代初頭だよね。いまってあんまり見ないし、本当にこの10年で一気に文化がアニメとアイドルが台頭したってことが分かるなあ。

時間がないから途中でとめた。早く続きがみたいな

======
ラブピのコラムが更新されました
「パンテーンのCMが気持ち悪い」
http://www.lovepiececlub.com/lovecafe/mejirushi/2016/03/10/entry_006077.html
posted by tabusa at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

八日目の蝉

映画の「八日目の蝉」を観ました。いつか観ようと思ってた。
不安定すぎるお母さんが「ルナティック雑伎団」のゆり子みたいですごい面白かったです。
んがー!って言ってたよね。お母さん役の森口瑤子さん。
台所がめっちゃ汚いのもすごいよかったなー。

映画の「花とアリス」大好きなんだけど、あれもお母さんが片付けられない人で、めっちゃくちゃな家なんだよね。ぐっちゃぐちゃにものが積み上がったテーブルの上でご飯とか作ってる。相田翔子のおとぼけ母みたいなのと背景がマッチしてて、すごくいいんですよね。
あれに比べると「八日目の蝉」のお母さんの片付けられなさはそんなでもない。人物的には「花とアリス」くらい家が汚くてもおかしくないと思うけど、ゴミ屋敷すぎると話の内容わけわかんなくなるから、台所だけさりげなく汚いのが、うわーいいな〜!って思いました。

とにかく、お母さん役の森口瑤子さんが「歌って」と要求されて「ちがう」とダメ出しされ、途中までニコニコ耐えてたけど突然キエ〜〜〜〜!!!ってなっちゃうシーンがめっちゃ面白かったです。
その感情って共感できるし、子ども側から見た恐怖も記憶あるし、だから笑えないんだけど、でも、はたから見るとコントすぎて吹き出してしまいました。
私やっぱ、ああいう女の人嫌いじゃないな。一緒にいるのは勘弁だけど、嫌いではない。

あと内容と関係ないけど、主役の井上真央ちゃんがベッドシーンでかたくなに床にべたーっと体をつけて背中だけ見えるようにしてたのが不自然すぎて面白かった。確かにこっちとしても真央ちゃんの胸元とかエロス的な部分をあまり感じたくはなくて(例えば高岡早紀だったら早紀さんが出てる映画ならとりあえず早紀さんのおっぱいを見たい、話に無関係に脱いでくれて構わない)、真央ちゃん側もそれを分かってて、でもできる限りのチャレンジ精神は見せたい・見せて欲しい、という需要と供給がバチッ!とハマったのがあの不自然な体勢である、というのがすごく気持ちよかったです。仰向けになって布団をかけててもいいわけなんだけどさ、それじゃちょっとせっかくのラブシーンなのにあまり面白くない、みたいなのがあってあの姿勢になったんじゃないかな、とか想像したりして楽しめた。
永作博美の授乳シーンもそれと同じでした。あれは周りに誰かがいる時のあげかただよね。だから不自然なんだけど、でもこれでいいのだ、という感じの気持ちよさでした。
posted by tabusa at 23:59| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

目くらまし

漫画が更新されました
「お母さんみたいな母親にはなりたくないのに」
の第4話の後編です
20160302.jpg
ここで読めます(いまなら無料)→ https://cakes.mu/posts/12358


子どもが2歳くらいの時に、「子どもについてあまり悩みがない」って言ったら「今が一番可愛いわよね〜〜〜小学校からが一気に大変!」「そう地獄!」って50代くらいの女性(複数名)から同時に言われたことがありました。
「いまが一番かわいいわよ(あんたのいる地点はラクなの、こっからが大変! こっからが本番!)」はオールマイティーに使えるセリフだと思います。だって妊娠中も同じこと言われたもん。

逆に「うちの子、育てにくい、子育て大変です」って言ったら、「小学校に入ったら手がかからなくなってラクになるから大丈夫!」ってセリフが返ってくると思う。
「いまが一番かわいいわよね」と「いまが一番大変な時」は、猫だまし的な言語としては全く同義語で、相手の「今」をパンパンッ!とはたいて埃を出す、みたいな、でも最近はベランダに干した布団を叩くのって全く意味が無いどころが逆効果、って説が浸透してるのと同じで、あんまり意味のないセリフだったりする。

近い将来、子どものことで悩んで地獄になるんだったら、かわいくて仕方ない「今」を満喫しておいたほうがいいし、近い将来ラクになるとしても「今」つらいんだったらそれを味わっておいたほうが、ラクになった時にその「ラクな今」をちゃんと感じられる。
妊娠・育児界には、「あなたの近い未来は今とは変わる」という、騙くらかし、目くらまし的言い回し(しかも断定形)がたくさんあって、先輩たちのそういう言葉はものすごい威力があるので、真面目に聞き入れるとじぶんの「今」が分からなくなる。もちろん悪気はなく、無意識で語り継がれてきたその言葉たち、それがないと、「今」を見ないようにしないとやっていけなかった、女たちの大変な歴史を感じる。
でも、せっかく「今」かわいいと思ってるのに、先のことで不安になるなんてもったいない。せっかく「今」しか悩めないこと、今悩まないともったいない。
posted by tabusa at 23:59| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

フラーハウス開始

フルハウスファンは号泣、ってニュースを見て、まあアメリカ人は自分の国のドラマだからなあと思ってた。
軽い気持ちで見始めたら、普通にめっちゃ涙出てきた。

キミーが好き。DJのパパがキミーを露骨に嫌ってるのがいいなって思ってた。
大人が子どもの性格を見て嫌だなって思うのを丸出しな感じとか、自分の子が大好き、っていうのを隠さない感じにすごい憧れた。

20年ぶりでも相変わらずDJのパパはキミーを煙たがってました。
あー面白かった!
posted by tabusa at 23:59| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

年前

24年前から友人関係の女性とひさしぶりに遊びました。楽しかったな。15年前に住んでた駅に行ったけど、当時のバイト先がまだありました。
去年の年末あたり、10年くらい前から友人関係の女性と遊んだ時はその人がいま、私が14年前に住んでた駅に住んでるから、そこに行きました。12年前に住んでた駅は、今もたまに年に1度くらい行きますね。11年前に住んでた駅と、10年前に住んでた駅はぜんぜん行く機会がないですけど、車で通る時はあります。つか、どんだけ引っ越してんだ。
今度、その24年前からの友達が働いてるところへ行くために、行ったことのない駅に行く予定です。
posted by tabusa at 23:59| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

お話会と漫画最新話更新

お知らせが二つあります。
===

2016/3/5に、調布市のカフェで、お話させていただきやす。
お話のあとは、サインとかもできますし、私宛のお手紙を受け取ったりできますよ。
この機会にどうぞお越しくださいね。待ってます〜。
詳細、予約申し込みはこちら↓からお願いいたします。
http://cosite.jp/event/15130
※ランチと保育は定員のためお申し込みいただけません

====
large_4b4003815d2a7906094f662e8b4591490d95c155
「お母さんみたいな母親にはなりたくないのに」
の第4話の前半が更新されましたよ。読んでくださいね。
最新話のタイトルは
「娘にピンクが着せられない!」
こちらから↓今なら無料で読めます。
https://cakes.mu/posts/12265

2歳半くらいまでは、子ども自身、自分のことをなんなのかよく分かってないっていうか、2歳半くらいから急に地球人としての自覚が降りてくる、みたいな感じで、突然「THE 人間」になるんですよね。(個人差あると思うけど、うちはそんな感じでした)
それまではなんていうか、半分胎児期、みたいな感じ。
お腹の外に出てるけど、2歳半までは抱っこすると本当になんか、すっごく疲れました。誰もそんなこと言ってないんで、科学的にはなんの確証もないけど、私は絶対、2歳くらいまでは親とか周りの大人たちからエネルギーとか栄養を吸い取ってるんだと思います。だって疲れすぎたもん。

でも、人間感は低いっていうか自己主張してこないから、2歳半までの間は猶予があるって感じで、大人側がいろいろ考えることができる時期だったんだなーって今になって思います。

「お母さんみたいな母親にはなりたくないのに」の第4話のエイコさんは、0歳の育児中。
有効なことも無駄なこともいろいろ考えているようです。
読んでみてくださいねー

====


posted by tabusa at 23:59| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

今現在日本一セクシー

「ダメな私に恋してください」も見てるんですよ。
もう、深キョンがセクシーすぎて、ナイスバディすぎて、ビックリしますね。
ギョッとするレベル。
豊満。20代には出せないクオリティ。
ポスト五月みどり。
腰から尻にかけてのラインとか、マジすげえから。目がパチクリしちゃうよ。
だけどドラマの中では、色気のかけらもない地味な処女三十路、みたいな設定だから
ディーン・フジオカにセクシーじゃない、ってことをバカにされるみたいなシーン
があって、わけがわからなくなる。
これはドラマで、実際に色気のない地味な女がやっても誰も見ないからその役を
深キョンがやっているだけで、深キョンがヒモパン履くとか普通すぎ似合いすぎだけど
ドラマの中では「地味女がヒモパン履くっていうギャグ」として流れているんだ、
といちいち脳内で変換しながら見なきゃいけないので、すごい大変です。
posted by tabusa at 23:59| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

パー餃

もう見つかりました。
パーフェクト餃子。
取り寄せ2件目で。
ぎょうざのまるおかっていうとこ。
超人気店。
人気店はやっぱうまい。
posted by tabusa at 23:59| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

バレ

夫にチョコあげました
たまたま数日前、デパ地下を通ったらやたら女の人がたくさんいて、バレンタインかーと思って、目に入ったいい感じのやつを買いました(「バレンタインかー」から5秒以内)。
店員の人に「これ、今日入荷してもうこれで最後の一個ですよ!」って、間に合ってよかったですね!みたいに興奮気味に言われました。パッとこれください、って言ったから、これ買うぞ!って決めてきた人に見えたんだろうな。おめでとうございます!みたいに言われて得した気分でした。
ドライフルーツをチョコでコーティング系のやつで、私はこういうの苦手なんだけど、夫にはちょうどよい感じでした。
posted by tabusa at 23:59| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする