2010年03月23日

40年のシコシコ・模索舎

昨日の模索舎イベント、かなり遅くに行った。
無理をしてでも最初から行けばよかったと後悔

前日に、中村うさぎ出演のDOMMUNE(※DOMMUNEは凄い!アツい!)で聞き手役をしていた五所純子さんという作家の人が、模索舎トークイベントにも出演していた。五所さんは「ルーチェとルッチョラ」という言葉を頻繁に使用していた。

私はその言葉を知らず、「表現者とそのプロデューサー」という意味かなあ?と思ったのだけど、他にも「インテアシー」とか知らない用語多用しまくっていて、面白かった。
他のコメンテーターの人(イタリアに詳しい男性)も、イタリアの書店事情について語る際、イタリアで有名な本屋さんの名前(ファレッリ?とかそういう感じの)だけをネイティブイタリア語発音で言っていた。しかもその本屋の名前を5秒に1回くらいの割合で多発しまくりながら話していた。吉本芸人がいたら「おま、それ言いたいだけやろ!」とツッコまれそう、と思った。
でも、シーンとして聞く。

五所さんは美人でファッショナブルで桃井かおりみたい、そういう人が「ルッチョラ」とか謎の言葉で話す。
正直、なんの話をしているのか、それぞれがどういう考えを持っている人なのかほぼ分からなかった。だけどそれがまたよし、という思いも感じつつ聞く。

そしたら一人のおばあさんが手を挙げ、「話させて!」と言って前に出てきてマイクを持った。
そして「何を言ってるのか難しくてよく分からなかった」と言った。

ワー!

おばあさんは「模索舎を存続させたいなら行動するのがいい」と言った。「今の若い人は、ネットで満足してるとか言われてるけどそんなことない。こういうイベントに来ると、若い人はものすごくよく喋る。本当によく喋るんです。人間だからネットなんかじゃなくて、コミュニケーション取りたがってる」

「だからどんどん会って喋って、行動したらいい」
と言った。
長い白髪のおばあさんが言うとやけに重みがあった。

本屋さんとして頑張るなら「ジュンク堂へ行ってみるといい。あそこは立ち読みどころか、座って本が読めるようになっている。読んで買わずに返しても、店員さんはいやな顔ひとつしない。お客さんにすごく親切で、だからすごく急成長している。お客さんを増やしたいという目的があるなら行動するのが一番いい」と言っていた。

おばあさんの話は分かり易く、うなずけた。
拍手をしようとしたら誰もしなかったので、私は手を引っ込めた。

そのおばあさんの主張に対してコメントを求められた五所さんは、ちょっと間を置いたあと(この間もすてき)
「私も、ジュンク堂は好きですよ。作家の陳列が男女別になってなくて。」
と言った。
ワオ!と、今の話にそう返すか! とシビれた。

そのあと五所さんはまたルーチェとルッチョラの話をしていたように記憶する。おばあさんは、それをどう聞くのかな?と思っておばあさんのほうを見たら、なんか帰り支度を始めていて聞いてない様子だった。
おばあさんも五所さんもアツすぎた。
拍手くらいしろよ、自分。と思った。

物販コーナーに行き、五所さんの著書「スカトロジー・フルーツ」即買う。
帰りに読んでみたけどマジでよく分からなくて、自分とは全く違う世界すぎて、本気で全然分からず、その分からなさにまた酔いしれた。


帰り、友人の家に行く用があったので、友人に「ルーチェとルッチョラって何」って聞いたら「なにそれ」って言われた。その場でネット検索してくれたけど、「車の名前みたいよ。それかイタリアンのお店?」という返答があった。たぶん違うと思う…。

「本当にルッチョラ?」と何度も聞かれ、「絶対にルッチョラだ、ここにメモったから」と、メモを見せたりなど、20分くらい有意義な問答したが、最後までわからなかった。

模索舎のイベントがあったら絶対に行くし、今日はDOMMUNEに五所さんが出るので仕事をしながら見る。そして今度こそ、拍手をしたいときには堂々とするんだ。
posted by tabusa at 15:03| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

シコシコ

22日に模索舎さんの40周年記念イベントがある

22日はレッドクロスで紙ー1もありますようです。

私は模索舎イベントに行く予定なのである

=============
【模索舎40周年イベント】
40年目の、シコシコ・模索舎


とき:3月22日(月・祝) 12:30開場 13:00スタート
ところ:大久保地域センター 多目的ホール
http://www.h2.dion.ne.jp/~aa-kkse/ookubo_a.htm
東京都新宿区大久保2丁目12−7
(JR新大久保駅徒歩8分 地下鉄副都心線東新宿徒歩5分 地下鉄大江戸線東新宿徒歩8分)
資料代:500円/カンパ歓迎!
主催:模索舎/模索舎再建実行委員会
連絡先:模索舎 tel.03-3352-3557 URL.http://www.mosakusha.com/

第1部 13:20〜14:50
模索舎の時空間をめぐって
<出演者>
五味正彦(模索舎元代表)
平井玄(音楽批評家)
矢部史郎(模索舎元舎員)

第2部 15:20〜16:50
勝手に生きよ/人生!
<出演者>
廣瀬純(映画批評家)
五所純子(文筆業)
アサダワタル(日常編集家)

<40周年イベントに際して> 
 模索舎は今年で創立40周年を迎えました。
 1970年に「情報センターへのシコシコ・模索舎」として設立され、これまで存続してこられたのも、皆様の温かいご支援の賜物です。謹んで感謝申し上げます。

 しかしながら現在、模索舎の経営は逼迫しています。
 オンライン通販や大型書店による寡占化、未曾有の出版不況が加速度的に進むなか、売り上げの落ち込みは深刻であり、40年にあたる今年の10月に果たして存続できているか、確約できない状況です。

 3人の舎員で話し合いを重ねましたが、もはや舎員だけの経営努力では存続は困難であり、抜本的な改革が必要だ、という結論にいたりました。そこで舎外にも協力を求め、有志により再建実行委員会を結成し、組織運営や活動のあり方に関して何度も協議を重ねて参りました。

 模索舎は通常の書店とは異なり、取次(卸業者)を経由せず、出版社や制作者の方々と直接取引し、一般書店では置かれない少部数の出版物やミニコミを、原則無審査で店頭に置いています。
小流通と無審査にこだわるのは、商業的な流通システムから弾かれる出版物も貴重な民衆の財産であり、表現の自由を保障する場であることを、その理念に掲げているからです。

 出版の世界は激動期にあり、創立40周年は模索舎にとって非常に厳しい試練の年となると思われます。
そこで、まずは40周年を乗り切り、再出発を図るため、当イベントを開催することとしました。
第一部では、世の中や暮らしのあり方を捉え返す場としての模索舎の実践を振り返り、第二部では現下の時代・社会状況のなか、模索舎がいかなる場=メディアであり得るのか、率直に討議できる場にできればと思います。

 またイベント開催後も、運営のあり方を見直し、より多くの方々の参加を得ながら、再生のための動きを作り出していく所存ですが、そのためにも皆様の後押しがどうしても欠かせません。カンパのお願い、サポーターズクラブの開設、イベントの開催など、追ってブログ等でご案内させていただきたいと思います。

 改めてこれまでのご愛顧に感謝申し上げますとともに、いま一度のご支援をお願いいたします。

40周年ブログ
http://www.mosakusha.com/mosakusha40/
========================



"紙芝居No,1決定戦"〜決勝大会〜『紙-1グランプリ2010』

2010年3月22日(月・祝)17:00 open 17:30 start
予約・前売 2,000円/当日 2,300円(共にdrink代別)
場所:新宿red cloth(レッドクロス)
http://sputniklab.com/redcloth/home.html
東京都新宿区6-28-12 DS新宿ビルB1

堀道広 / 古泉智浩 / 小田原ドラゴン / タイム涼介 / 田中六大 / 西野空男 /『桃梨』上村美保子・JIGEN / 2.21『紙-2グランプリ』上位3名 / 大橋裕之 / 飯田華子 / キクチヒロノリ / 羽生生純
ゲスト : 情念
シークレットゲスト有り?!
posted by tabusa at 23:33| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする