2014年03月07日

アメリカの裁判

さっき、朝のワイドショー「とくダネ!」のアメリカの裁判を紹介するコーナーで、親を訴えた女子高生のことをやっていました。
娘が両親に対して「学費と生活費」を請求する裁判を起こすのはアメリカでも異例だと言う。
テレビで言っていた通りに書きます。()内は田房による補足。
レイチェル・カニングさんは18歳の女子高生。元警察官で地元の名士である父親と母親と妹の2人の5人暮らし。
レイチェルさんは運動神経抜群でチアチームに所属、成績も優秀で両親にとって自慢の娘だった。(金髪で抜群に美しい容姿のレイチェルさんの映像)

だが、現在の彼氏とつきあい始めてから素行が悪くなり、酒を飲んだり23時半の門限も破るようになった。両親に反抗的になり、両親は「彼氏とつきあうのをやめないなら家を出て行け。」と言った。レイチェルさんは家出。両親は「家に帰ってこないなら金銭援助を断ち切る」と警告、レイチェルさんは戻らないので、学費や生活費をストップした。

そこでレイチェルさんは猛反発(って言ってた)、両親に学費や生活費を払うように訴える訴訟を起こした。

(裁判所で裁判してる映像、レイチェルさんと両親がそれぞれの弁護士を挟んで並んで座っている。「とくダネ」のナレーションで「レイチェルさんは応援にかけつけた友人と時折、笑顔を交わす」とか「笑顔まで見せる」とか言って、悪い娘ですよ〜って感じで紹介。ここで初めてレイチェルさんの言い分が聞ける)
レイチェルさんの弁護士「両親はしつけが厳しすぎる。高校3年生になれば彼氏がいて当たり前なのに『別れないなら家を出て行け』などというのは不当である。今は大学受験でお金もいるのに払って貰えない」

(最初からそうだろうと思ってたけど、レイチェルさんからしたら彼氏のほうがマトモ、なんだと思う。彼氏の写真が出てきたけど、かなりの好青年って感じの写真だった。だけど親から見たら「いい子だったのに急に豹変!」みたいな感じで、「とくダネ」的にもそういう風に取り上げている)

両親の弁護士「酒を飲んで帰ってきた娘を怒るのは当たり前」

(悲しそうな両親の顔に対し、レイチェルさんは毅然としているので“ふてぶてしく”も見える。それを「とくダネ」のナレーションでは「子を心配する親に対して、レイチェルさんは冷酷さを見せる」とか言ってた。)

レイチェルさんの弁護士「うちは普通の家族ではない。親に虐待されていたのです。センシティブなことなので詳しくは言えないが、特に父親とは異常な関係にあった」

両親の弁護士「この子は平気でウソをつくんです」


(出た・・・・・・。
「いい子」に戻って欲しい、って言ってるってことはもともとは「いい子」だと両親は思ってるはずなのにどうしてその「いい子」に対してそんなこと言えるのか、矛盾してると思う。だけど、アメリカだからちゃんと調査をして虐待の事実を証明するに違いない、と思った)

しかし判決は「自ら家出した娘に学費や生活費を親が支払う義務はない。」
裁判長は「酒を飲んで帰ってきた娘を親が心配するのは当たり前。(親に虐待されたとか言って親の尊厳を傷つけてはいけない、みたいなこと言ってた)。どこにいても娘にとって親は親であり、親子であることに変わりはない。あなたも大人になれば、親の気持ちが分かる」

ティッシュで涙をぬぐう両親。レイチェルさんは毅然としていて表情を変えなかった。

スタジオでは小倉とかが「どうなっちゃうのかね〜この子」とか言って、全員一致で「この娘ヤバイ。冷酷すぎる。アメリカは弱者の人権を守る意識が高いからそこにつけこんでこんな裁判を起こす子どもまで出てくる」ってことを口々に言ってた。

うわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
だった。絶望的な気持ちになって、ハラハラした。
アメリカの進んだ「毒親意識」が反映された、子どもが親に勝つ異例の裁判を、あり得ない!って日本のテレビが紹介するんだ、と思い込んで見てたから、判決にびっくりした。

アメリカではどういう風に報道されてるのかは分からないが、「とくダネ」では明らかに「子ども思いのいい両親に刃向かうとんでもない娘」「どうしちゃったの?この娘、何が不満なの」「悪い彼氏に洗脳されちゃって、早く親の元に戻れればいいね」っていう目線でVTRが作られていた。その目線にまったく違和感がない、という作り。

私には、レイチェルさんが大学受験をしっかり考えていて、どうしてもお金がいる、周りにももう迷惑かけられない、でも親と一緒に暮らすのは無理、説得しようにも親には話が通じないから、最後の手段として裁判を選んだ、としか思えなかった。ていうか実際そうだと思う。じゃなきゃわざわざ、親と同じ空間で対面しなきゃいけないような裁判なんて起こすわけがない。

こういう裁判がアメリカでも異例なのは、親と一緒に住みたくないほどつらい人たちが、大人になるまでの辛抱だ…と我慢して押し殺してるってだけだと思う。裁判起こしてもこういう判決になるって分かってるからみんな起こさないだけで、レイチェルさんが悪い彼氏に取り憑かれた女の子なわけじゃない。

レイチェルさんはまだ訴えを起こすそう。きっと日本ではレイチェルさんの続報は取り上げないでしょう。あの判決で十分溜飲が下がったから。
アメリカに住んでる方がいたら、是非、続報を教えてください!
posted by tabusa at 10:31| Comment(8) | ノノシット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

蛇マグマ

9/21のこのブログにコメントしてくれたかなさんに言いたいことがあって、書きます!

かなさんのコメント↓
=================
母がしんどいみてファンになりました。
すごくすごく分かり易かったし面白かったです。
私の母親もモンスターで、散々な目にあってきました。
私も過食症で、過食症になり、自分の家の悲惨さにきがつきました。
ブログ全部読んで、なんてうまく文章にかいてるんだって感動しました
私は今親に対する怒りで文章にすると、怒り爆発でうまくかけません
しかも私自身母親にノノシーされてきたのに
今私がノノシラーで旦那の心を破壊し続けてます。とまりません。自分の中にヘビが住んでて、頃合いを見ておりゃあああって蛇が出てくる感じです、旦那にノノシーしてー最後にごめんねっていって、その違いに旦那が疲れ果ててます
どうしたら、蛇はいなくなるのかは知らないでしょうか;;
どんな酷な文章でもいいので、これからもブログとウェブ漫画楽しみにしています
本当楽しみにしてます
=================

蛇がすごくよく分かります!! 私の中にも蛇がいますので!!!!

私も、この蛇が夫に対して限定で暴れ出すので、非常に悩んでいました。
いろんなセラピーに行って、「キレる癖をなおしたい」って言ってきました。

そんで、蛇がいなくなってはいないけど、蛇が持ってる怒りは今のところ消滅してしまってるのです・・・
自分でもびっくりするくらい、今までだったらすぐにカーッと頭に血が上るようなことに対して、平然としてる感じになりました。このことは、いつか詳しく書いて、かなさんに、みなさんに読んでいただいてシェアできたらいいなって思ってます。

とにかく、自分の怒りがなんなのか、見極める作業をするのが効くと思います。様々なセラピーは、そういうことを手っ取り早くできる方法なので、おすすめです。でも、セラピストにもいろいろいるし、私も失敗したなーってところに行ったりもしてます。お金は、1回につき数千円しか払わないことに決めています。それで私は、十分効果が得られました。
自己啓発系の本やCDもバカにできません。いいものはいい。でもこういうものは「そんなもんに頼るのはしょうもない」という価値観の人が大変に多く、大ぴらに言うとめんどうくさいですね。でも、ひっそりとやって精神を安定させている人も多いと思います。

なんかよく、児童虐待防止の方法とかで、「子供にキレて殴りそうになったら別の部屋に移動して、マクラを殴って気持ちを落ち着かせましょう」とか対処法みたいのありますよね。
そんなこと無理なんですよね、キレてる時って。
不必要に怒ってしまう、その場にそぐわないほど爆発的にキレてしまう、のは、かなさんの言う通り、蛇が「頃合いを見て」るんですよね。
蛇自体が莫大な怒りを所持してしまっているから、その矛先として、夫や彼氏や子供に出ているだけで、そもそものその「莫大な怒りのマグマ」を処理しないと、延々と身近な人にキレ続けてしまう、というメカニズムなんじゃないかと私は思っています。
マグマの出口を押さえたりふさいだり、出てきたマグマをどこか(隣の部屋のマクラ)に移動させようとしても、その場ではうまくおさまっても、数日後(下手すりゃ数十分後)には他のところからマグマ漏れ出ちゃうだけですから、私はやっぱマグマ自体の消滅を、時間はかかっても、取り組んだほうがいいかなって思ってます。
posted by tabusa at 12:27| Comment(8) | ノノシット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

おすすめの本

最近読んだ本で、超おすすめがあります。
花輪和一先生の「風童」だよ。漫画。

風童 ーかぜわらしー (ビッグコミックススペシャル) [コミック] / 花輪 和一 (著); 小学館 (刊)

人間が落ち込む時のメカニズム、苦しみに“とりつかれる”こと、それらの取り払い方についてが、風童の助言で描いてあります。主人公は自己啓発的に「パッ!」と気が晴れるわけでなく、もわもわっとしながら、なんとなく風童が言ってることをつかんでいくのがすごくいいな。
こんなに素晴らしい漫画を読むことができて、読み終わった後、感謝の念でいっぱいになった。

**

もう一冊は、新書。
「部長、その恋愛はセクハラです」
部長、その恋愛はセクハラです!  (集英社新書) [新書] / 牟田 和恵 (著); 集英社 (刊)

セクハラについて、すごく分かりやすく解説している本です。

私は、「母がしんどい」を書いて、「同じような母に育てられた」という人にたくさん会って、いろいろ考えて、こういった「しんどい母」が子供にやっている“しんどいこと”って、「いじめ」なんだな、と思うようになった。私は母親に「いじめ」を受けていたんだ、って認めるのが大変でえらく時間がかかったけど、「いじめ」と認めたら、だんだん前に進める感覚がありました。
学校で同級生にいやなことをされていてそれを「いじめ」と認識するのも難しいことだと思う。
なので、実の親から「いじめ」られている、られていた、なんて、自認するのは難しいし、自認しても周りがなかなかそんな風に理解してくれない。だけど、「いやだと言ってるのに聞き入れられず、押し通される」とか、「支配的な関係で言いなりになる」「一方的だけが我慢を強いられ、一方はそのことに気付いていない」とか、しんどい親子関係は、いじめの構図とまったく同じだと思う。
ハラスメント、という言葉には「いじめ」「嫌がらせ」という意味がある。
しんどい親のことを「毒親」と呼ぶが、ペアレントハラスメントと呼んでもしっくりくる。
この「部長、その恋愛はセクハラです」を読むと、「ハラスメント」というものが「強者と弱者」の関係の上で成り立つことがよく分かり、ハラッサー(セクハラをする人)の勘違いや一方的な思い込みが、しんどい親が子供に対して持つそれらと構図がまったく同じであるということを改めて確認できました。
おすすめです!
posted by tabusa at 15:34| Comment(4) | ノノシット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする