2009年12月31日

大晦日〜

今日は紅白にアタシの股間どやねん歌手′田來未&misonoがペアで出るからそこだけは絶対に見なければならない。
ワクワク…

おとといやってた「リアル!THE海老蔵」超おもしろかった。千原ジュニアが市川海老蔵に密着する30分番組なんだけど、千原ジュニアが調子を海老蔵に巻き込まれてる感じだった。遅刻してきて謝らないで堂々としてる、初対面なのにいきなり無視して食事したあと、改めてやっと挨拶する等、普通だったら「バカにしてるのか?」って怒りが湧くような行為を海老蔵がするんだけど、ただのマイペースみたいな感じ、あとオーラがすごくて千原ジュニアもただ見てる、だからテレビ見てるこっちも、完全に海老蔵ペースになった。
海老蔵ってワイドショーでしか見たことないし、よく焼けたシャウエッセン(庶民スーパーの中で一番高級なウインナー)みたいだなって思ってたけど、色気ハンパない。ジッと見られたら、男も女も濡れる…って思った。
普通に話してるときでも、眼のキッってなったり、トロンとしたりの抑揚が激しい。

ナイツの塙も、すっごいエロい、モテるだろうなって思って何故だろう?って考えたら、表情の動きが人より多いからだって思った。
真剣な顔と、気の抜けた顔の落差が激しい。つまり顔だけで、「働く男」と「甘えん坊の坊や」の演出ができているわけで、女達はナイツの塙をなんとなくジットリ見てしまう。「男」と「坊や」はアメとムチでもあるし、そういう駆け引きしている感覚を相手に与えるタイプの顔面筋肉及びまぶた筋肉の持ち主だと思う(ちなみに兄のはなわは全くない)

海老蔵のまぶた筋肉は更になめらかで、目線でほぼ8割の前戯が完了している。先っぽ入っちゃってるかもしれない。海老蔵と密室に2人きりになったら、2分で自分の体がガタガタ震えだすと思う(海老蔵は全く気にせずざる蕎麦をすすってると思う)。4分で海老蔵が巨大な陰茎に見え始め、ピクピクしてるソレ(目の動き)に合わせてオーガズムに到達し、5分経ったころには一人で果ててしまいそうである。(海老蔵「大丈夫〜? ハッハハハ!」)

小林麻央は逆に、あのいつもの顔以外の表情を見たことがない。目とかぜんぜん動かないよね。2人ともあんな目線グルグル変わってたら大変だから、すごくピッタリの夫婦だなと改めて思った。
posted by tabusa at 17:34| テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

小室とM−1

M−1も面白かったけど、ド裏でやってた『小室哲哉 全国民へ懺悔を奏でる』も面白かったexclamation

みのもんたと小室だけの出演、みのが小室に淡々と質問していくスタイル。小室の今までのいろんな顔写真、3億のベンツを乗ってノリノリの当時の小室の映像が流れる。エイベックス松浦氏の小室への複雑な心情全告白「僕らに音楽を教えてくれたのはやっぱり小室さん」(に、しても6億を貸すって全然わかんない)など、M−1のにぎやかさと真逆の真っ暗な画面で見所たくさんだった。

みのもんたはKEIKOの妻としての支えっぷりを高く評価しており、KEIKOの話を自分から何度か振っては、ウルウルしていた。神妙な面持ちの2人の後ろの大きなモニターには「小室&KEIKOゴージャス婚」っていうスポーツ新聞の一面が映ってて、ふざけてるようにしか見えないので、こっちもマトモに見ていられた。
小室ファミリーの曲って、カッコイイのか変なのかよくわかんない、みたいな感じだった。100%イイと言い切れない、どこかにダサさが残る感じ、でもいつの時代も爆発的に売れるものってそういうものだな〜って思った。ツッコむところがたくさんあるけど一応最先端、なモノ。エグザイルも、なんか変だよねアレ。激しめの盆踊りにしか見えないんだけど…。エグザイルに比べてDAPUMPがイマイチ売れないのは、かっこよすぎるからだと思う。DAPUMPも歌がダサ良かった(m.c.A・Tの曲の頃)時は売れてた。


そして小室の番組、最後はいよいよ懺悔を奏でるコーナーである。小室が、ピアノを弾く。なにを弾いてるのかな、と思ったら「FEEL LIKE DANCE」のオルゴール風バージョンみたいなやつだった。
他にもH Jungle with tの「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント」のフレーズとか、オルゴールメドレーみたいな感じでした。
ちょっと聴いただけでなんの曲が分かる自分に驚いた。当たり前のように全部知ってるし、たぶんほとんど全部歌えるし、小室の曲が体に染み付いてるということを改めて知った。つまり、自分の青春である、と認識せざるをえない。
あの頃10代20代だった人たちにとってそんな存在の人が、天狗になってスミマセンでした、と懺悔としてみんなの青春の曲を披露するって、よく考えたら相当哀しいことだなと、最後は思った。
しかし、後ろの巨大モニターに丸メガネをかけた笑える小室の顔写真が登場し、それまでは繰り返し同じ写真が何度も出てきてたのに、丸メガネの写真はいきなり最後でストンと出してきやがって、笑ってしまった。暗くなりすぎずに見れた。

まんまとglobeがむしょうに聴きたくなり、聴いている。「FREEDOM」「FACE」「FACES PLACES」とかほんとスゴイ、歌なのかヒス声なのか悲鳴なのかなんなのかよくわからない。華原朋美のは(もちろん)「Hate tell a lie」がダントツで一番好きだけど、一番魂が籠もってる曲は「LOVE IS ALL MUSIC」だよね。



M−1は、ハリセンボンか南海キャンディーズかモンスターエンジンが優勝してほしかったけどすごい緊張しすぎてて残念
チンポジが面白すぎて笑い飯が優勝だと思ったらちがくて驚いた。

ハライチというコンビの目が細い人、すんごいトンガってたexclamation 
あの人、キャンパスナイトフジでも浮いてる気がしてたけど。お笑いに憧れすぎて、その現場にいることに未だビビってるっていう感じがビンビン伝わってきて、笑うどころかひやひやしちゃう。M−1でも妙ちくりんなこと言ってた(「どうせ優勝するの笑い飯ですから」)。
ああいう感じの人、学生時代によくいた。自分もそういう時期あった。なつかしくなった。同じ年とかのときは大嫌いだったけど、10歳くらい年下だと、ほほ笑ましく見れるようになるんだなって思った。

東国バラKYすぎて途中から全くコメント求められなかったのも面白かった。久しぶりにズリ下げめがね顔見れて面白かった。
年始は「たけスポ!」が楽しみ。
posted by tabusa at 00:24| テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

手形の広場

何年か前にゲイバーに連れていってもらったとき、ニューハーフの女の子が、
「男の人のオチンポが大きいかどうか見るのは、鼻じゃないのッ! 親指なのッ
親指でわかるのッ!」

って言っていました。

都市伝説的な話だと思っていたのですが、その後の独自の検証研究の結果、大きさまでは分からないが、『シルエットがマジで一緒』な場合がある、という答えが出ました。ゆえに、大きさのちょっとした参考になる場合もあると思われます。
ただし、この『アレの大きさ(形)がその人の親指で分かる』ということは、実生活に於いて特段、役に立つわけでもなく、話のネタとしても、ニューハーフの人が話すと面白いが女の私が話しても気持ち悪いだけなので、一度トーチュウの漫画に描いたあとは封印していました。

そのときの漫画(2006年の8月頃掲載)
CCF20070325_00001.jpg
クリックしても何故か「非公開の画像」と出てしまいますが、その場合は「前の画像」というのをクリックして、一覧から漫画の画像を選んでクリックしてもらうと拡大表示されます

それ以来すっかり忘れていたのですが、このあいだテレビで、有名人たちの手形(なんか型取って鉄で固めてるやつ)がある広場を紹介していました。
そこにチラッと映った、勝新太郎の手形。
親指、超でけーーし!
驚いて、チンポ=親指 の法則を思い出し、どうしても気になったので翌週、その広場がある浅草公会堂へ行きました。


公会堂前の地面にズラっと手形が並んでいました
DSC06341.JPG
手形にへっこんでいるので、自分の手をハメることができます。
※以下の写真は小さいと分かりにくいので、よかったらクリックして大きくして見てください


最初に目に入ったのが橋幸夫
DSC06329.JPG
しょっぱなからスゴイ親指でリアル!
親指って・・・でかいとかなんとかよりもこうして見るとアレにしか見えない・・・

DSC06330.JPG
いらっしゃぁ〜い…(ふ、ふ、太い!)

DSC06331.JPG
なんかそういう感じする!

DSC06333.JPG
純情派…!
でででかい…!

DSC06334.JPG
ぬるんとした感じ、森進一のイメージどおりの親指に唸った。

DSC06335.JPG
無骨なかんじのおやゆび・・・ 
むっつり助平な五郎さん(北の国から)のは確かにこういう感じだ!

DSC06336.JPG
このあたりになってくると、親指がもうソレにしか見えず、さだの露出したものを撮っているような妙な気分になってくる

DSC06338.JPG
なが(永)ッ!


DSC06339.JPG
さすが… 


そして驚きの大物が・・・
DSC06340.JPG
ビートたけしは長さが他の人とちがってビックリしました
しかも手相がマスカケ線(徳川家康とかと同じすごい相)であります

あと、この手形の広場は人力車の観光ルートになっていて、よく止まって説明していました。
人力車の人は、「これがビーたけさんの手形です」とお客さんに紹介していました。
ビーたけさん??!?!
初めて聞く呼び名に戸惑いながらも、どうしてこの呼び方が日本中に浸透してないのか不思議な気持ちになった。



DSC06343.JPG
杉様もスゴかったです。
手形から、下半身のスゴさの気迫が伝わってくる

DSC06347.JPG
とんがりこーん・・・
い、いやらしい! 五木ひろしのあの目の下にこんなのがついてるかとおもうと・・・ハラハラ…

DSC06351.JPG
立派すぎ 中指もそういう感じだし・・・

DSC06353.JPG
繊細であるが、存在感高し

DSC06360.JPG
ふつうにでかくてびっくり

そして
DSC06345.JPG
泰葉の元だんなさん
こうなってくると、本当に、親指とそのイメージの一致がすごくて鳥肌が立つような(そんな大げさでもないが)、ゾッとするものがありました。


そして、その鳥肌を更に立たせるのが、次の人、ディックみねです
ディックみねは、男性器が大きすぎて芸名がディック(男性器を意味するスラング英語)になったとのこと。

DSC06362.JPG
5本とも!!!!!


ここからは最早、ディックの余韻タイムとなった
DSC06375.JPG

DSC06376.JPG
張り具合が…恋のからくり夢芝居誰のすじがき花舞台

DSC06377.JPG
まさに毒蝮・・・!微塵のくるい無し。

DSC06378.JPG
薬指までも・・・

DSC06381.JPG
ディックみねに続く5本共ソレの立役者

DSC06380.JPG
やはり、このメンバーの中に入ってしまうと…
ちなみに哀川翔が最年少でこの手形メンバーに入ったらしい

DSC06383.JPG
さいごうなてるひこなソレであります

DSC06384.JPG
実力感

DSC06389.JPG
そそりたっておる・・・ エロ度80キロ


DSC06385.JPG
ぬらりひょん度120


DSC06392.JPG
中指までもが巨匠… (つくしみたい)

DSC06405.JPG
なんだろうこの違和感のなさ!
親指というか、手形ってその人を象徴するものに見えてきた

DSC06395.JPG
反りが…
普通に横からみたとこだし…


そして、今回の目玉、勝新です!!
DSC06397.JPG
やっぱスゴイ!!!


私の見たところ、

ビーたけ
ディックみね
杉良太郎
勝新太郎

がスゴかったです。
杉良太郎は、写真だとよくわからないのですが深みがスゴイっていうか、ただ深く押しただけなのかもしれないけどなんか手形が盛り上がっててすごかったです。
現場はここに載せた倍の数の芸能人の手形があります。

女優さんのもたくさんあり、女性もみんなそれぞれにスゴイ手力でした。
中でも親指がギンギンだった女優・・・
それは三田佳子でした
DSC06366.JPG


以上です。
手形を見ているだけなのに、にんにくややまいもやうなぎを食べたあとのような、ムラムラな気持ちになるようなならないような・・・
主婦にもたらすスター達の手形の威力・・・
今まで、スターの手形ってなんのためにあるんだろうと思っていたが、日本の子宝つくりに一役かっていたのだということが分かりました。
他にも日比谷に手形の広場があるらしいので、行こうと思いました。

今、一番見たいのは羽賀研二(稀代のワル)の手形です!
見れないからこそ見たいですよね。

最後に、意外とスゴかったサブちゃんの手形です
DSC06407.JPG
ビーン ってなってるし! 突き出してるし!
posted by tabusa at 22:01| テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする