2010年09月27日

大阪のうどん

大阪のカウンター席しかない狭いそば屋でうどん食べてたら(客は私と夫しかいなかった)、入り口からコツコツと靴の音がして女性客が入ってきて私らの後ろを通るようだったので、うどん食べながら椅子を前にずらした。
そしたらもう通り過ぎてるはずなのにいつまでも座らないので「?」と思ったら誰もいなかった。
えっ、ちょっと何、と思ったが、それと同じくらい、うどん麺がボッソボソですごく不味いことにもびっくりしている時だったので、意外と女の人のことは気にならなかった。
大阪のうどんがいくら東京のとちがうからといって、コシがないとは聞いていたがこれはなんだ、ただ茹ですぎちゃっただけじゃないのか、なんだこのフワフワした麺は…と怒りすら覚えた。
注文するとき、東京で言うたぬきうどんが食べたくて、でも関西では「たぬき」と「きつね」が逆と聞いていたので、「この、きつねうどんっていうのがあったかいうどんに揚げ玉乗ってるやつですか」といろいろ聞いた。店主のおじさんは嫌な顔せず、複雑な東西うどんの呼称について優しく教えてくれた。あんなハートフルなシーンを過ごさせてくれた店主の茹でたうどんがまずいとかって残すなんてできない…でも美味しくない…でも全部食べなきゃ…と一生懸命食べてたら、さっきの女の人が私の後ろからうどんを覗き込んでる感じがすごくして、「覗き込んでる…」と思いながら食べた。40歳くらいの働いてる感じの格好してる髪は黒でロングかなって感じの女の人が目をまん丸に開けて私のうどんを見てる感じがした。うどんを見てるんだけど、食べたそうっていうわけでもないというか、キャリアウーマンみたいな人が人のうどんを凝視するって意味が分からなくて、でも自分の顔のすぐ右上に顔を突き出して来てる感じがして、不気味は不気味だった。霊なのかな?と思ったんだけど、実際に本当にそういう人がいるわけではないので怖いとかあまりなく、それよりもうどんを食べきらなければならない緊張があった。

そしたら、途中から突然パキッ!とうどんの味が「旨い!」に変わった。
あっ!うまい、うまい! と思ってそこからはスパークして一気に汁まで全部飲んだ。
留学するとある日急にパーッと英語が聞き取れるようになるとか、ビールのノド越しっていうのが突然分かるとか、煙草の美味さが分かる瞬間、そういう感じだと思う。
大阪のうどんが見た目はほとんど同じ(揚げ玉は焦がしてあった)なのに味があまりに東京のと違いすぎて、貯蓄されていた脳内データと照合されず「まずい」という感想をはじき出していたが、途中で女の人が来て気が散り、「ただ口に入れて食べる」という作業に変わったことで先入観や固定概念が揺らぎ、そこのスキマに「大阪のうどんはこれやで 東京のは味が濃いだけや コシなんかいらんのや」がズドーン!!と入ってきて旨さが分かった!!と眉間のあたりがビカビカするような、あの「旨いがわかる」の感覚になったんじゃないだろうか。

とにかく本当に美味しくて、帰りに「おいしいおいしい!!」って言ったけど夫はざるうどん(超細いやつ)だったからか女の人から覗き込まれなかったからか、そうでもなさそうだった。
心斎橋筋のお店です(http://www.shinsaibashi.ne.jp/tenpo/ce14.html

他のお店でうどん食べてないからここが異常にうまいのかどうかわからず、東京で関西うどん食べたいと思う。
posted by tabusa at 15:28| 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

クックパッドでいうリピ

誉めまくった辛そうで辛くない少し辛いラー油、最初はびっくりしたが、最後はやっとの思いで一瓶食べきり、次は買ってない。
最初のインパクトがやたらすごかった。テレビやラジオでとりあげられ話題性もあった。だが、長年付き合うという相手じゃなかった。
辛そうで辛くない少し辛いラー油ラー油界の羽賀研二って感じ。。

くらこんの塩こんぶ」も、同じような話題性のあって新しさを売りにした調味料であるよね。でもこの塩こん部長っていうなにかあの波乗りジョニー豆腐の会社の二番煎じ的な感じとか、CMも狙っててなんかゼッタイ買わないからな!!と何故か血管を浮かせてテレビに向かって一人で叫んでしまいそうになる、そんな商品だった。

kurakonn siokonnbu.jpg


だけど、スーパーで見るといつも品薄(2〜3個しかない、塩こん部長だけ減ってる)なので、気になって一度買ってみた。

便利…

塩こん部長すごい便利だった。なにに入れてもなんか旨くなるんだよね。でも、すっごい、添加物とかすっごそう。だけど、1袋使ったあと、またもうひとつ買ってしまった。
posted by tabusa at 17:52| 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

くちこみ

スーパーで「辛そうで辛くない少し辛いラー油」を見つけ、あ、これは伊集院光がラジオで言ってたやつかな?と思い、なんとなく買ってみました。
買ったのを忘れて数日放置してて、今朝思い出したので、お弁当を作ってるとき、あまったご飯で握った自分用のおにぎりに小さじスプーンでちょっとすくって乗せて食べてみました。

カリッ・・・
として、ポリポリ・・・じゅわっ・・
え、え、え、え、??って感じで目が白黒するくらい旨いんだよ!!
何これ?? と、辛そうで辛くない少し辛いラー油onおにぎりを噛みながら、台所をパタパタ歩いた。旨すぎて意味がわかんない、旨すぎて自分の舌と脳が驚いてパニくってる感じでした。
ひとくちでも、「これはヤバイ!!!」って思った。絶対なにかやばいの入ってる。おかしすぎるもん、旨さが。脳髄にくるんだよーこんな食べ物おかしいよ

そして急いでいたので、そのまま食べかけのおにぎりは放置して、あとでまた食べよう、ということにした。そしてその次に食べるまでの数十分、辛そうで辛くない少し辛いラー油onおにぎりのことが頭を離れず、早く…早く…!!!って感じでした。早くクチに入れたいんですよ!!

そんで、旦那が家を出てから、そのまま待ちきれず台所で立ったまま、辛そうで辛くない少し辛いラー油をかじりかけのおにぎりに乗せ、食べました。
ウマい…!!
マジで目が白黒するんですよ目

そんで最後のひとくちに至っては、おにぎり(ご飯のかたまり)よりも、辛そうで辛くない少し辛いラー油の量のほうが多いくらいに盛っちゃってたと思います。乗せてるときの私の目は、ギラギライッちゃってたと思います。藤子A先生の怖いサラリーマン漫画で主人公がなにか大切なことを忘れて欲望に走ってるときの目、と背景、になってたと思います。

その最後のひとくちの辛そうで辛くない少し辛いラー油の量が多すぎて、一気に気持ち悪くなり、そこでやっと目が覚めました。人間に戻れました。

私は急激な多量過剰摂取したので、もう当分いいやって感じですが、それくらい、人の心を簡単に惑わす魔力のある調味料です。
伊集院光は、奥さんに「クリスマスの食事はどうする?」と聞かれたとき、「辛そうで辛くない少し辛いラー油をかけたご飯」と答えたくなった、とラジオで言ってました。辛そうで辛くない少し辛いラー油の味を知った今、確かにクリスマスこれでもぜんぜんいいっていうか、確かにクリスマスのご馳走に匹敵するうれしさ&美味しさの食べ物である、と思った。伊集院光は本当にうまいことを言うなあ、と思った。
だけど何が入ってるかわからないです。何これ? ネット上でもかなり話題になってますね!

**
重要な報告は、以上です。


以下は、最近のCMについての記述です。

辺見えみりのやずやのCMが全体的にアレだけど特に「なんか…好きキスマーク」の好きの言い方がイラッとしてたんだけど、あまりに流れるのでだんだん小気味よくなってきた。

キュンキュンママにキュンのCM、どうにかしてほしい! せめて安田成美じゃなくて柴田理恵に配役を変えてほしい。それか、安田成美の髪型をアンシンメトリーじゃなくて、バブリー時代によく見たランプシェードみたいなソバージュヘアにしてほしい。
それでやっと、「ママにキュン」とアピールする子供の言動を、比較的落ち着いて見ることができる。

ママにキュンと同じ、母と息子のラブラブCMで西田ひかるのシチューのCMがある。5歳くらいの息子が大人しくお手伝いし、大人しく可愛らしくシチューを食べて、それを見守る西田ひかる。
このCM見るたび、なんか怖えーよ!って思う。
いい子すぎる子の奥にある謎めいた部分、裕福な家庭を維持する母からの期待の圧迫感、お父さんが出てこないし一人っ子みたいだし、母子1対1の窮屈な感じ、たった15秒なのに見ていてハラハラしてしまう。
これも柴田理恵だったらそうでもないかも。
こんな親子はそうそういないだろ、と思うのに、西田ひかるって無言で目だけで訴える系の人だから、こういうCMがピッタリでリアルで怖い。

子供店長の、純金積み立てコツコツのときに手を後ろに上げるときの顔が麻生元総理に見えてドキッとする。私は子供店長よりさくらまや派です。
posted by tabusa at 23:41| 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする