2017年02月14日

親のせい

「人のせいにするな」っていうのありますよね
あれがよく分からないな〜

なんでいけないのかな。
本人に面と向かって「お前のせいだ!!」って言うのは、よくない(あんまり意味が無いから)と思うけど、「誰かのせいにする」をいうことを全面的に禁止すると、なんにも進まなくなっちゃうよね。

親の言動で子が「苦しかった」と思うのって、大ざっぱに言うと、親が「子のせい」にしてるからなんだよね。
例えば・・・って今書こうとしたけど、めっちゃくちゃ長くなるからちょっと他にもやることがあるから今やめとく。

↓と言いつつ書く。

とにかく、親が「愛」という言葉を以て子にめちゃくちゃなことをする時、親の頭の中は「この子はどうしてこうなんだろう。このままじゃ大変なこと(この子が不幸)になる…。それを正せるのは私しかいない」って感じになってると思う。そうやって正当化している。
あと、「この子って本当に○○だな」(○○の中には、わがままとか陰気くさいとか意地悪とか性格悪いとかよくない言葉が入る)って親が思って、本人に言ったり、「そういう性格の子」と思い込んで行動したり、それを理由に自分の言動を正当化したり(例・この子がこうだから私はこの子に優しくできない)することってある。
それって、親が「子のせいにしている」って状況だと思うんですよね。
「この子がこうだから、私はこうなんだ(こうするんだ)」って。それって、「人のせいにしてる」よね。親が子のせいにしてるよね。

親の問題で苦しい人は、つまりず〜〜っと、親から一方的に「お前のせい(で私は苦労してる、お前がこういう性格だから私は楽しく子育てできない等)」にされてきた可能性が高いのです。
そこから脱するには、その『せい』を手放す作業が必要なんですよね。
だから「親のせい(親が私のせいにしてきたせいで)」と考えるのが手っ取り早い。

その課程をすっとばして「親は悪くないけど私も悪くない」ってところに行くのは、普通の人間には無理だと思います。いけてたら、最初からいけてると思います(つまり、親がそういう子のせいにしない親だった、というだけ)

親から「お前のせいだ」という念をもらったという自覚がまだない人のいう「親のせいにするなんて」っていうのは、無視してよい。(本当にそういう念を一切もらわずに来た人とか、そこに既にいない人は「親のせいにするな」ってあまり言ってこない)
posted by tabusa at 04:44| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

意味付け

このツイートを見て、わ〜〜!! って思いました。

震災に意味付け やめて
https://twitter.com/CybershotTad/status/829488750828756994

以前、何かの手違いで「親に感謝、親を大切にしないとダメ」っていう主張の人と対談することになって、当日になってお互いに「え?」「え?」みたいになったことがありました。
私が「母親の『膜』の中で生きることを強要される娘の苦しさ」について語ると、その方は「でも、田房さんはお母さんのことを書いて本出してるじゃない!よかったじゃない!」って言うんですね。
私は「そういうことじゃなくて」って説明するんだけど、その方は最後まで「田房さんのお母さんは、田房さんが作家になれるように鍛えてくれたのよ(自立を促すためにわざと嫌がらせっぽく見えることをしていた、ネタを提供してくれた)!」って言ってました。
口 あんぐり でした。

あんまりないけど、過去に数回、そういうことを言う人に会ったことがあって、私はもともと漫画家になりたかったし、デビューした時はぜんぜん違う漫画を描いていたし、30歳に入って自尊心回復作業をやりまくってやっと単行本を出せたと自分で思ってるんですよね。
幼少期と10代20代の30年間でとことん自尊心を破壊され続けて、大人になって自力で回復作業をしないといけなかった。そこの部分を、他人から「小さい頃から破壊されてたおかげで、今そうなったわけなんだからよかったじゃない」って言われるって、すごいことなんですよね。心外だし侵害だし、超失礼…。
私の中では、「最初から破壊されてない状態」でも同じ結果だったとしか思えないし、なんていうか結果がどうっていうんじゃなくて、親が子の自尊心を無自覚に破壊するようなことは、ないほうがいいに決まってる、わけなんです。
自分でそれを「なかったことにしている」時期は本当につらかった。その時期は私も自分で『意味付け』をしていた。「親はきっと私を思ってそういうことをしてくれているんだ」と思おうとしたり、いちいちストーリーを作って自分を誤魔化していた。
だけど自分の「つらい」って気持ちに寄り添って、自分の身にはこういうことが起ったんだと認めて、それを立て直すのは自分しかいないんだって分かったところで、やっと回復作業を始められるわけなんですよね。

親にこういうことをされた! ってエピソードを書くことによって「私は悪くない」ってことを書きたいわけじゃなくて(だってもうとっくのとうに「私は悪くない」なんてこと分かってるんで)、「こういうことはないほうがいい」ってことを書いてるわけです。

だからこの記事を読んで、わあああ、同じ気持ちだ…! って思いました。

======
ブランシュシュさんに、私のインタビューが掲載されました〜

「親を嫌い」って言っちゃダメですか?
http://www.blanchechou.com/interview/tabusa-01/
posted by tabusa at 05:47| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

「けなす」と「キレる」

こないだ、「万年B組ヒムケン先生」(#34 自分を変えたい女子の巻)を見ていて、うわあああ!!!って思ったシーンがあった。
このTVerでその回を、2/14の00:57まで見られます
http://tver.jp/episode/26014561/

ヒムケン先生の番組については説明省きます(私はデスバンドと小峠さんのやりとりが超好きなので毎回見ています)
 
私がうおおおって思ったのは、「痩せたい、キレやすい性格をなおしたい」っていう女性(ユウコちゃん)に、先生(三四郎の小宮)が敢えて手荒な特訓をする、っていうところ。
その荒療治が「敢えてキツいことを言うから、キレないように我慢して」というもので、ユウコちゃんの好物を先生が目の前で食べて「こんなの食べてるから太るんだよ ブス」とか言う、っていうもの。「これも彼女のため」とかナレーションが入ってた。
それでもユウコちゃんは言い返すだけだったけど、小宮先生が
「お前みたいなブスに食う権利はねえんだよ」
「ブスで我慢できないっていいところねえな」
と酷い言葉で煽りまくって
「頑張ってんだよこっちも!」というユウコちゃんに
「頑張っててもダメだから」
って言って最終的に「お前うるせんだよ 黙って聞いてれば! アア!?」ってユウコちゃんが小宮先生に掴みかかる、っていうシーンでした。
それで「またキレてしまった・・・」って本人も反省して落ち込む。

ああああああ!!!! これだああああ
って思った。
自分ってこの構図だったんだ、って思った。
登場人物は「ダメな人(『自分ってダメだ』とすごく思ってる人)」と「ダメじゃない人」の二人。
「ダメな人(自称)」って常に、「ダメだから、変わらなきゃ、なおさなきゃ」って思ってて、そういうことを口に出して言ったり、それ前提で生活してるんじゃないかな、って思った。私もユウコちゃんみたいな感じだった気がする。

****

テラスハウスの東京編で、タレントの美咲っていう女の子と、モデルの光る(ひかる)っていう男の子がいた。光るは確かアメリカ人と日本人のハーフでした。
美咲は光るのことが好きなんですね。
そして美咲は日本の「照れ隠しからのけなし文化」をしっかり継承している平成ッ子で、とにかく口を開けば、光るをけなすわけなんです。「こういうところがダメだよね〜」とか「ちゃんとできるの〜?」みたいな感じ。
光るはそれに対してムッとしたりする。怒ることもあった。
それで光るは「キレやすいキャラ」と言われるようになってた。

その場には目に見えない前提がある。「照れ隠しで言ってるだけなんだから」「むしろ好きなんだから」「言ってるほうはいじってるだけなんだからそんなに怒らなくても」っていう前提。
その前提を汲んで、「いちいち怒りを表に出すべきではない」という前提。
確かに光るが不機嫌になると場が凍るので、怒らないでいてくれたらいいと思う。「うまく」返してくれればいいと思う。
しかし、だいたいなんで最初にけなすのか。けなすからキレる、当たり前じゃないか。レンジでチンしたらあったまる、それと同じくらい当たり前。だけど「そんなことでキレる人」が不思議がられる。美咲は「人をけなしやすいキャラ」とは言われず、光るが「キレやすいキャラ」と言われる。

美咲と光るは結局カップルにならなかった。最初は光るも美咲を好きって感じだったけど、だんだん冷ややかな感じになって美咲に告白されたけどフッていた。私は見ていて、そりゃそうだろって思った。嫌だよあんなにけなされたら。
しかし光るはフる時に「美咲のちゃんとしてないところがいやだ」みたいな変な風なことを言ってた。もしかしたら「一緒にいるとけなされてウンザリする」って言っちゃうと「またそれかい(そんなことにこだわって)」みたいな感じになるから言えないよなーって思った。「けなされることを気にする(いちいちキレる)」っていうのをあれだけ周りから指摘されまくったら、自分でももうそこに触れたくなくなるし。

美咲はその後、別の男性とカップルになってたけど、その男性のことはぜんぜんけなしてなかった気がする。
「けなす」と「キレる」の組み合わせは相性もあるのかもしれない。

***

それで、ユウコちゃんの話に戻ります。ユウコちゃんの場合はTVショーなので、わざと大きくやっているっていうのがあるけど、私は自分の過去(元彼とのやりとり)を見ているようだった。
「自分のことをダメだと必要以上に思ってる状態の人」は、「必要以上に人をけなす人」をくっつけやすい重力を持っている気がする。光るみたいにちゃんと怒らない。その相手とくっつかないという選択をしない。むしろくっつく。けなしてくる相手を「自分を成長させてくれる人」と感じてしまう。そしてその相手から日常的にけなしを最大限に引き出す。

私は、自分がその「自分をダメだと必要以上に思ってる状態」になっていたのは、小さい頃から親とか学校の先生とかけなされまくってきて、それが当たり前になってる環境に居続けたからだと思う。
(こういうのについていちいち「人のせいにするな」と言う人が少数出るが、生まれた時からそういう環境にいるっていうことを、「自分のせい」にすることのほうが不可能だし、別に「そういう環境に育つ」ということは、「誰かのせいにする」ってこととイコールではない。そもそも「『誰かのせいにする』ということは悪いことである」という概念・思い込みこそ、自分に取っても周りにとっても有害な毒である。誰かのせいなんだから、誰かのせいでいいじゃん。誰かのせいにしちゃいけない、っていう概念は、「どっちかが悪い」という考え方が未だに貼り付いてるからだよ。その考え方が苦しみの始まりなんだよ。法律とか以外のことで「どっちかが悪い」なんてことないんだよ。だからそのジャッジから抜け出すことが第一歩。抜け出すにはいったん「自分が悪いわけじゃない(あの人の・あの環境のせいだったんだ)」と思うことが必要。「誰かのせい」は単なるその一つの課程。そして、自分にとって嫌な人は、嫌ならずっと「嫌な人」のままで心の中に置いておいていいんだよ。それをわざわざ本人に言う必要はないけど。「あの人の・あの環境のせいで、今の自分はこうしてこうなったんだなあ」と思うこと、何がいけないのか分からない。むしろそう思ったほうが前進できるのになあ、って思っちゃいますね)

ユウコちゃんに自分を重ね合わせ言いたいことは、「自分も悪かったんだ」とかそういうことではもちろんない。そういう構造があるんだ、って話。
posted by tabusa at 05:22| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする