2017年03月05日

アイデンティティ

今はまったく珍しくないが、昔は珍しかったモッツアレラチーズを使ったパスタとか、チーズフォンデュとか食ってました。子どもの頃。
母にはこだわりがあり、今は普通にどこのスーパーでも売ってるけど、ディチェコの麺を使ってた。マ・マーは美味しくない、本場の味じゃない、っていう感じ。「本格」に重きがおかれていた。
そういった外国の料理は、母自身のアイデンティティそのものだった。

それが家庭内に強烈に漂っていた。
だから私もそれが染み込んでいて(母の虚構に取り込まれていて)、外食で食べるスパゲッティーの日本風な感じが許せず、おいしいと思えないっていうのがあったりした。
そういうこだわりを持つ自分、を感じると、陶酔状態になるような感覚があった。その陶酔状態は、本格料理についての母の態度そのものだった。
(分かるかな、この感じ。分かる人には分かると思う)

だからパスタは絶対にディチェコでした。
ずっとディチェコ。

だけど、なんか結婚してから夫がマ・マーを買ってきたことがあったか、なんでか分からないけど、マ・マーを食べる機会がありました。
ずっと、無意識に、バカにし続けてきた、マ・マー。絶対に食べることはないと思っていたマ・マー。

マ・マーが、めっちゃ旨かったんですね。ビックリした。
何年かディチェコ食わされてた夫も、「あれ、マ・マーって美味いね」みたいになった。

それからまた何年か経って、他のメーカーもいろいろ試してみて、最終的に「やっぱマ・マーが一番美味いね、飛び抜けて美味いね」という結論がこないだ出ました。

なんかそれが嬉しかった。美味しいものが夫と一致したのもうれしいし、うちはマ・マーでやってくぞ。そういう感じが。もとの家庭と、今の自分の家庭が別物だ、という実感を、物理的に感じられたからかもしれないです。
posted by tabusa at 06:58| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

これが欲しい

子どもから「これ買って」「あれが欲しい」と言ってもらえるのって、とてもありがたいことだな。
実際にそれを提供できるかどうかは別として、言ってくれてありがとう、って思えていたらいいな。
posted by tabusa at 05:24| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

娘 Nちゃんとの会話

「ママってぜ〜んぜん可愛くない」
「(・・・)そーお まあね、メガネかけてるからね」
「メガネかけてなくてもかわいくないよ!」
「メガネとったらそこそこかわいいよ」
「かわいくなーい!」
「お化粧したらけっこうかわいいよ」
「かわいくないよ!」
「Nちゃんのママなんだからかわいくないわけがないよ」
「かわいくなーい」

よく分からないけど、心に残ってる会話 でした

なんていうか、自分の顔とか容姿のこと、昔からずっとつらくて、ネットで「田房はデブス」と書かれたりするのも耐えられず、最近はネットで自分の顔写真を公開するのはできる限り避けている。どちらかというと、そういう不用意なことを言われる場に大切な自分の顔を晒したくないという気持ち。ずっと、見た目について近親者から嫌なことを言われ続けていて、「自分は誰よりも醜い」という思い込みがあった。それがだんだん回復してきたのに、ネットという場所に置くことによってまたそこに戻ってしまう感覚を現実で感じるのが嫌だから。
それとは別に、実生活では、娘がいつかこういうことを言ってくるだろうな、と思ってた。子どもって、「かわいいママ」の基準があるから。そういう時に自分ってどういう気持ち・対応するのかなと思ってた。想像がつかなかった。実際に起きてみたら気持ちは凪な感じで、淡々と「自分はかわいいよ」って言ってる自分に、少し驚いたし、なんか面白かったというか、正直、誇らしい気持ちになった。あんなに自分の見た目が嫌いでそのことで面倒なこと・大変なこともたくさんあったのになんか、偉いなって、思った。こんなこと、人に読ませるようなことではないことなのかもしれないけど、でもなんか、ここに残しておきたくなった。
posted by tabusa at 21:22| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする