2016年03月22日

泣けるサイト

ネットのまとめサイトで「お母さんの子どもを思う気持ち」みたいなのよくありますよね。
「あなたの誕生日はあなたのお母さんががんばった日です」みたいな格言のまとめみたいなの。

ああいうの、前は目にする度に落胆っていうか、拒否反応すごかった。絶対に最後まで読めない。いちいちそうやって本気で心底イラつく、怒りが湧いてくる、っていう自分がすごいイヤだった。
そういうのでじーんとしない、ウルッと来ないどころか怒りが湧くって、人として欠陥なのかな、みたいな。
だからネット上にそういうページがあることすらも許せない、みたいな壮大な苦しさ感じてました。

最近はなんとも思わない。わざわざクリックして読まないし。
でもこないだ『お母さんがウザいと思ったことがある?これを読むとそれが止まる。(http://www.imishin.jp/9-mother-secrets/)涙を拭くものを用意して!』っていうのがタイムラインに流れてきて、なんとなくクリックしてみた。
冒頭から「は?笑」って思って、「は?」と思いながらも怒りも落胆もしないまま、最後まで読めました。

海外のを翻訳したものなのかな?ちょっと日本語がへんなとこあったけどそれとは別に、書いてあること自体が意味不明っていうか、こういうのって、子ども側の人が書いてるんだろうか、母親側の人が書いてるんだろうか。
もし、自分の子が大きくなって「母親うぜー」とか言ったとして、誰かがうちの子にこのページみたいなことを言って諭してたらうぜーなーって思った。全母親の気持ち言い切れるお前は誰なんだよ、的な。

前は、こういうのを読んで泣けるというのが、親子関係の苦しみから解放された合図っていうか、赦しのゴールなのかなと思ってたことも少しあった。だけど、こういうのは解放度が関係してるんじゃなくて、好みの問題なんだなと思いました。だって娘として読んでも母親として読んでもぜんぜんピンと来ないもん。

====

昨日(3/21)19時からTBSでやってた特番「生命38億年スペシャル“人間とは何だ…!?”」で、毒親・毒母のことをやってて、「母がしんどい」も出てました。
安住さんが手に持ったまま、かなり長い時間話してましたよ。

CeEpXzcUIAElM6B (1).jpg-large
(この写真は桃山商事の佐藤さんが撮ってツイッターにアップしたものです)
このあと「母がしんどい」のコマが映り、声優の人がセリフを朗読して再現漫画ドラマみたいのが数分ありました。
出るかもって連絡は来てたけど、こんなにたくさん使われるとは知らなかったのでびっくり。うれしいな。
内容を朗読してるところは、家族もいたので猛烈に照れくさくなり、「きゃーーーぎゃーーー!」と騒いで音声をかき消しました。その直後から用事があったので、番組はそこまでしか見られなかった。
テレビで「毒母」特集やるの久しぶりだったね。
posted by tabusa at 10:43| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする