2011年07月13日

ドラマ

ドラマ「下流の宴」面白い。次で最終回。
とにかく黒木瞳のキャラがブレてない上に演技(コミカルすぎてコントになりそうなところギリギリで寸止めリアリティー)が上手すぎる。「自分本位で見栄っ張りなお母さん」役なんだけど、ほんっとーーーに心の底からむかつくんですよね。
黒木瞳が好きになった。

途中、黒木瞳が反省する回があって、「こういう人ってこんな風にマトモに反省するか?」と思ってたら、また何事もなかったように元のむかつくお母さんに戻っていたので、そうだよねと思った。

今週から始まった「華和家の四姉妹」、次女(観月ありさ)が自己中で姉妹から嫌われている迷惑女、という内容だって言うから、ノノシット系ドラマだと思って少し期待した。どのくらい次女がヒドイ、ノノシラーなのか…。
だけど観月ありさは全然いい人で、昔やってた「斎藤さん」の派手バージョンっていうだけの話だった。失礼なことはするけど、かなりイイ人。
そういえば観月ありさがそんな、どうしようもない救いようのない女の役なんてやるわけがないなと思った。

見ようと思ってるもの
「それでも、生きてゆく」
「IS(アイエス)〜男でも女でもない性〜」
「胡桃の部屋」
イケメンですね は途中で断念しそう
posted by tabusa at 16:23| Comment(1) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんな転落する人はとことん転落で上昇する人はうまくいくっていう水戸黄門的スッキリ展開はないだろ〜と思ってしまって見ていなかったのですが、昨日は見ました。
美波さんは他に何をやったことがあるのか知らないのですが、うまいですよね。
最初は本当にアホっぽかったのに。黙ってる時の顔つきが最初と違うっていう。あれ、演技なのかカメラワークがうまいのか。
Posted by よ〜こ at 2011年07月13日 18:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: