2010年01月20日

くちこみ

スーパーで「辛そうで辛くない少し辛いラー油」を見つけ、あ、これは伊集院光がラジオで言ってたやつかな?と思い、なんとなく買ってみました。
買ったのを忘れて数日放置してて、今朝思い出したので、お弁当を作ってるとき、あまったご飯で握った自分用のおにぎりに小さじスプーンでちょっとすくって乗せて食べてみました。

カリッ・・・
として、ポリポリ・・・じゅわっ・・
え、え、え、え、??って感じで目が白黒するくらい旨いんだよ!!
何これ?? と、辛そうで辛くない少し辛いラー油onおにぎりを噛みながら、台所をパタパタ歩いた。旨すぎて意味がわかんない、旨すぎて自分の舌と脳が驚いてパニくってる感じでした。
ひとくちでも、「これはヤバイ!!!」って思った。絶対なにかやばいの入ってる。おかしすぎるもん、旨さが。脳髄にくるんだよーこんな食べ物おかしいよ

そして急いでいたので、そのまま食べかけのおにぎりは放置して、あとでまた食べよう、ということにした。そしてその次に食べるまでの数十分、辛そうで辛くない少し辛いラー油onおにぎりのことが頭を離れず、早く…早く…!!!って感じでした。早くクチに入れたいんですよ!!

そんで、旦那が家を出てから、そのまま待ちきれず台所で立ったまま、辛そうで辛くない少し辛いラー油をかじりかけのおにぎりに乗せ、食べました。
ウマい…!!
マジで目が白黒するんですよ目

そんで最後のひとくちに至っては、おにぎり(ご飯のかたまり)よりも、辛そうで辛くない少し辛いラー油の量のほうが多いくらいに盛っちゃってたと思います。乗せてるときの私の目は、ギラギライッちゃってたと思います。藤子A先生の怖いサラリーマン漫画で主人公がなにか大切なことを忘れて欲望に走ってるときの目、と背景、になってたと思います。

その最後のひとくちの辛そうで辛くない少し辛いラー油の量が多すぎて、一気に気持ち悪くなり、そこでやっと目が覚めました。人間に戻れました。

私は急激な多量過剰摂取したので、もう当分いいやって感じですが、それくらい、人の心を簡単に惑わす魔力のある調味料です。
伊集院光は、奥さんに「クリスマスの食事はどうする?」と聞かれたとき、「辛そうで辛くない少し辛いラー油をかけたご飯」と答えたくなった、とラジオで言ってました。辛そうで辛くない少し辛いラー油の味を知った今、確かにクリスマスこれでもぜんぜんいいっていうか、確かにクリスマスのご馳走に匹敵するうれしさ&美味しさの食べ物である、と思った。伊集院光は本当にうまいことを言うなあ、と思った。
だけど何が入ってるかわからないです。何これ? ネット上でもかなり話題になってますね!

**
重要な報告は、以上です。


以下は、最近のCMについての記述です。

辺見えみりのやずやのCMが全体的にアレだけど特に「なんか…好きキスマーク」の好きの言い方がイラッとしてたんだけど、あまりに流れるのでだんだん小気味よくなってきた。

キュンキュンママにキュンのCM、どうにかしてほしい! せめて安田成美じゃなくて柴田理恵に配役を変えてほしい。それか、安田成美の髪型をアンシンメトリーじゃなくて、バブリー時代によく見たランプシェードみたいなソバージュヘアにしてほしい。
それでやっと、「ママにキュン」とアピールする子供の言動を、比較的落ち着いて見ることができる。

ママにキュンと同じ、母と息子のラブラブCMで西田ひかるのシチューのCMがある。5歳くらいの息子が大人しくお手伝いし、大人しく可愛らしくシチューを食べて、それを見守る西田ひかる。
このCM見るたび、なんか怖えーよ!って思う。
いい子すぎる子の奥にある謎めいた部分、裕福な家庭を維持する母からの期待の圧迫感、お父さんが出てこないし一人っ子みたいだし、母子1対1の窮屈な感じ、たった15秒なのに見ていてハラハラしてしまう。
これも柴田理恵だったらそうでもないかも。
こんな親子はそうそういないだろ、と思うのに、西田ひかるって無言で目だけで訴える系の人だから、こういうCMがピッタリでリアルで怖い。

子供店長の、純金積み立てコツコツのときに手を後ろに上げるときの顔が麻生元総理に見えてドキッとする。私は子供店長よりさくらまや派です。
posted by tabusa at 23:41| 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする