2017年01月09日

『窓』

この記事を見て、親族間の風通しの良さに驚いた。
=================
父の理不尽な怒りっぽさを妹が親戚前でパワポでプレゼン 発想&実行力がTwitterで称賛浴びる - ねとらぼhttp://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1701/06/news129.html
=================

この妹さんは小学6年生という。
すごいなあ〜 理路整然とまとめられる個人の能力もすんごいし、親族の前で発表できる(そうじゃないと意味が無いと考えられる・実行できる)、ってすごいなあ。

家族の誰でもが、『窓』を自由に開けられるってすごいことだな。小学6年生の次女(次女かどうか分からないけど)も窓を開ける権利を持っているってことが。
家によっては、窓があっても「お前は勝手に開けるな(子どもだから)」と言われていたりする。鍵を、家族の中で自分だけ持たされてないから物理的に開けられないってこともある。「どうして私は開けちゃいけないの?」と聞いても、「ダメだからダメ」と言われるだけで説明もしてもらえなかったりする。
窓がそこにあることを知らない、ってこともある。生まれた時から窓の前にタンスが置かれていたりして。
大人になってからふと家を見て、あんなところに窓があったんだ・・・と気づいたりする。家の中のタンスをどかして窓を開けてみたとしても、もうその時には自分は家の外に生活を持っているから、特に意味のないことだったりする。
家から出られない、子どもの時こそ、『窓』の存在がすごく大事なんだな。大人は無意識で開けっ放しにしていることもあれば、無意識に閉じて窓の存在を隠してしまうこともある。
この記事の妹さんが、自分で窓を開けられる環境にあったのか、無理矢理に割ったのかわかんないけど、子どもが開けてくれるってありがたいことだなと思った。

=====

お正月、たまたま出初め式みたいなのやってて、見てた。
↓ こういうやつ(これはネットから拾ったイメージ画像です)
87dc1997b250f4550266c45edb23ba09.jpg

image2.jpeg

こういうのって、わざとグラッとして「落ちる!」みたいなのあるじゃないですか。
その「落ちる!」の演技がめっちゃ上手い人がいて、その瞬間、私の心臓がキュルンッ!!といつもにはない動きで半回転みたいになった。その心臓の反応にビビってしまいました。だ、大丈夫か・・・って。
なんか、昔、自分にイヤなこと言ってくる人と一緒に住んでいる頃(0〜22歳までと22歳〜26歳まで)って、このキュルンッ!!が日常だったな、って思い出した。
その本人と一緒にいなくても、常にキュルンッ!!がある。自分が何か失敗した時キュルンッ!!ってなるし、失敗したかもしれないと妄想するだけでキュルンッ!!ってなるし、26歳以降ももうその人と住んでないのにキュルンッ!!だけは残ってた。
29歳の時、その人と意識的に縁を切ろう(その人のことを肯定するために自分を否定することをやめよう)って決めてから、だんだんキュルンッ!!がなくなってきた。
キュルンッ!!があることが、私の性質というか性格というか、人間が生きる上でキュルンッ!!は普通のことだと思っていた。だけど、キュルンッ!!のない穏やかな生活があるんだ・・・って知った時、本当に衝撃だった。
キュルンッ!!の自然持続は体によくないと思う。私は、背中がいつも痛かった。
posted by tabusa at 13:38| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする