2016年11月24日

五年目のひとり

っていう山田太一のドラマのとあるシーンを見てて、なんか思い出したことがあった。
こういうシーン ↓
=====
14歳の娘が中年男に声をかけられた(「文化祭のダンス、君が一番上手かったよ。一番キレイだったし」)ことで、警察に通報したお母さん。
警察の前で「いくら親でも、うちの子が20何人の中で一番キレイだとは思ってません」と言って、娘が「うちはいつもそう。うちの子はダメダメってばかり言う」
=====

小3の時の、学芸会を思い出した。
桃太郎の劇で、私はおばあさんの役を勝ち取り、がんばった。練習も毎日がんばったし、本番もうまくできた。おじいさん役の子と「結婚したのか〜!」って冷やかされたりしても、気にせずがんばった。
劇が終わって最後の最後、全員で舞台に立って挨拶する時、隣にいたおじいさん役の男の子がちゃんと決まった場所に立たないから、他の子たちが舞台の端でぎゅうぎゅう詰めになってた。
だから、「もうちょっと、あっちに立って!」っておじいさん役の子をひじでグイグイ押した。おじいさん役の子は客席に夢中で、ぜんぜん気づいてなくて、「もっとあっちだよ!」って何度も言った。

終わったあと、褒められるもんだとばかり思ってたら、お母さんが「最後のなにあれ?!みっともなかった!なんであんなに隣の子に話しかけてたの?!ちゃんと立ってればいいのに!みっともない!」って怒ってて、ビックリした。
おばあさん役の本番中のこととかは全く何も言わなくて、ずーっっとその、最後の「みっともなかったところ」のことばっかりずっとずっと、本当にずっと言ってた。次の日も言ってたし、おばあちゃんやおじいちゃんにも報告してた。そのあとも、事あるごとに言ってきた。辱めを与える感じで。

今の37歳の私が、そういう目に遭ったら、「コイツってほんとにいつもマイナス面ばかりしか見えない特殊な目を持ってる可哀相な妖怪な上に、そのまま口に出しちゃう手に負えないクソバカ野郎だな」と思うけど、子どもの時は、それが一体どういうことなのか分からない。
お母さんがそう言うんだから、そうだったんだ、私は自分のがんばりを全部、自分の最後の行いで台無しにしちゃったんだ・・・としか思えない。他の大人達のフォローもないから、お母さんの独壇場。

今、子どもを持ってみて、親の目線でああいうことを想像してみる。
大したことない。そんなことで台無しになんかならない。
むしろ、周りのことを気にして、みんながちゃんと舞台に立って挨拶できるように気を配れる子だなと思う。隣の子をグイグイ押してるのが、見栄えがよくないとしても、そこだけチョイスしてずっと「みっともない」と言う必要なんて全くない。

お母さんは、そうやって適当に褒めておけばいいポイントでダメ出しばかりし続けていた。
そして、自分の期待する「成果」が出ない私にいつもイライラしていた。
もし、成功して欲しいなら、「成功した」という風に物事を見ればいいのに。私が成功してないんじゃなくて、お母さんが「成功した」と認めてないだけなのに。

ドラマの中の母親も、自分の子はそんなに可愛くない、出来ない子、としながらも、その子が他人から危害を加えられることには敏感で、恐れている。
とてもちぐはぐ。

===イベント来てね===

11/30 東京 渋谷「キ歴史」ナイト
作家の岡映里さんと、お互いのキレていた頃のエピソード、どうやって「キレなくなった」か具体例、など話します! 
<予約はこちらから>http://www.loft-prj.co.jp/schedule/loft9/51771

12/3  大阪 天満橋
「キレる私」と「母娘関係」
田房さんと講演+加藤伊都子とのトーク
詳細出ました
<予約はこちらから>http://n.nfc505.com/?eid=78

*** ↓ これは、上半期に行って大好評だった清田さんとのジェンダー系時事ネタイベントです! ↓ ***

12/9  東京 新宿
19:00〜OPEN【桃山商事×田房永子presents2016年下半期「ジェンダー事件簿」総まとめ!〜男に優しく、女に厳しいニッポンのニュース報道〜】@ネイキッドロフト!出演/清田隆之、田房永子
<予約はこちらから>http://www.loft-prj.co.jp/schedule/naked/53176
posted by tabusa at 15:13| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

屁理屈が必要。「自分の思い通りにならないと怒る(幼稚な)人」「わがままな性格」って一体、どんな人のことなのか

<下にお知らせあるので是非見て下さい>

「自分はキレやすい」と自覚がある人は、自分のことを「自分の思い通りにならないことがあると怒る(幼稚な)人」とか思っていたり、周りからそう言われることが多い。私もそうでした。
だけどよく考えると、人間ってそれ以外の理由で怒ることってあるのか? って思う。

問題なのは、現実の出来事とその人の怒り方がはまってない、周りから見るとちょっと尋常じゃなく見える、っていうことのほうだと思う。つまり「怒りそのもの」とか「怒るポイント」じゃなくて「怒り方」が“幼稚”に見える、っていうだけなのではないか、と思う。

あと、キレやすい人は自分の事を「わがままな性格」って捉えてることが多いけど、私もそうだったんだけど、「わがままじゃない性格」ってよく考えると、どんな人なのか分からない。
自分よりも他人や状況を優先する人、みたいな? それもそれでヤバくないか?
 
「わがままな性格」の人というのは、ただ単に、「『私はこうしたい』ということを強引な方法で伝えるところがある人」と言い換えられるんじゃないだろうか。問題なのはその「強引な方法」(周りを無視してやっちゃうとか、泣きわめいて困らせて周りを黙らせるとか、相手を脅して強行するとか、用いる手段)のところである。
だけど、それをザックリと「わがままな性格」と言うと、「私はこうしたい」と思うこと自体を我慢できることがいいこと、みたいな感じがする。「わがままな性格」と言われない人は、それ自体を我慢できる人、みたいな。だけど別に我慢してるわけじゃないと思うし、スマートに円滑に伝えて実行することができるだけだと思う。

さらに「わがままな性格」と自覚がある人は、ただ単に「『わがままな性格』って言われることが多い環境にいただけの人」とも言えると思う。
子どもの頃からだとしたら、表現力が乏しい親や大人たちによって、ただ自己主張してるだけでも「わがまま」とか言われてきた人。
そういう、表現力の乏しい大人というのは昔に限らず未だにたくさんいる。というかそれが普通になっている。
<例えば、「食べ物の好き嫌いがある」というだけで「わがままな性格」とか言われちゃってる子どもとかたくさんいる。嫌い、食べられないものがあるって仕方ないことだと思う。だけど、「好き嫌いがある人は周りを不快にさせるから」とかいう理由で、嫌いなものでも口に入れて飲み込めるようにすることが大事、みたいなことを言う人のほうが多い場面もある。子どもが、「好き嫌いがある人のことを不快に思う大人」になることはいいことなのだろうか。ちょっと私には、わけがわからない。ただ、社会を形成する上でそういう「常識」みたいなものを人間同士が無意識に共有することっていうのは、たぶん必要なことだから、逃れられないことでもあると思う。逃れられないからこそ、屁理屈で逃れる必要がある>

そうやって、自己主張することや、イヤなことはイヤだと言うシンプルなことすらも否定されてきた人が、そのストレスで「ムキになる」のがくせになり、「言ってもどうせ否定される」という他人不信が溜まって、「強引な方法」を用いるようになってしまった、とかそういうこともあると思う。

言葉って、そういうトリックがある。漠然と使われている言葉のほうが心への浸透性が高くて、信じ込んでそのままずーっと過ごしてしまいがち。しかも「(幼稚な)人」とか「〜な性格」って言い方だと、「人格」や「性格」って感じで、「なおせないもの」感がすごい。
だけど実際、自分や周りが困っているのは「怒り方」や「強引な方法」の部分だけなのであります。だからそこを“矯正”すればいいだけなのです。自分を丸ごと変えるなんて無理だし、必要は無いのです。

「キレる私をやめたい」と思ったら、そうやって、まずは“屁理屈”みたいなもので、言葉のトリックを解いていく、つまり「自分はそんなに全否定される人間ではない」と思うことがとても重要だと思います。
キレることだけではなく、自分が自分で困っている癖や性質にも有用だと思う。

以下のイベントでは、そういった話なんかも交えて、トークしますんで、是非来てくださいね!!

**

金沢のイベント無事終了しました。楽しかったです。来てくださった方本当にありがとうございました。
12/7の岡田さんとのゲシュタルトワークのイベントも、すぐに定員に達し受け付け終了しました。ありがとうございました。
イベントは、他にもあります! ご予約お待ちしております!

11/30 東京 渋谷「キ歴史」ナイト
作家の岡映里さんと、お互いのキレていた頃のエピソード、どうやって「キレなくなった」か具体例、など話します! 
<予約はこちらから>http://www.loft-prj.co.jp/schedule/loft9/51771

12/3  大阪 天満橋
「キレる私」と「母娘関係」
田房さんと講演+加藤伊都子とのトーク
詳細出ました
<予約はこちらから>http://n.nfc505.com/?eid=78

*** ↓ これは、上半期に行って大好評だった清田さんとのジェンダー系時事ネタイベントです! ↓ ***

12/9  東京 新宿
19:00〜OPEN【桃山商事×田房永子presents2016年下半期「ジェンダー事件簿」総まとめ!〜男に優しく、女に厳しいニッポンのニュース報道〜】@ネイキッドロフト!出演/清田隆之、田房永子
<予約はこちらから>http://www.loft-prj.co.jp/schedule/naked/53176
posted by tabusa at 08:11| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

イベント詳細

イベントの詳細です〜
私は来年からしばらくこういうイベントができなくなるので、この機会にぜひ会いに来てくださいね!
======
11/19 金沢 14時から 終了しました
田房永子さんトークショー『キレる私ってやめられる?』
<予約はこちらから>http://kokucheese.com/s/event/index/436406/

11/30 東京 渋谷「キ歴史」ナイト
<予約はこちらから>http://www.loft-prj.co.jp/schedule/loft9/51771

12/3  大阪 詳細出ました → http://n.nfc505.com/?eid=78
ドーンセンターにて 13時半より。
申込・問合は、日本フェミニストカウンセリング学会まで
(もうちょっと詳しいこと出ましたらまたお知らせします)

12/7  東京 飯田橋 Sold out申し込みは締め切りました
「キレる私をやめたい!」ゲシュタルト療法ワークショップby田房永子&岡田法悦
<予約はこちらから>http://store.kadokawa.co.jp/shop/k/k301610000805/
<このイベントについての私の思い>http://mudani.seesaa.net/article/444056365.html

12/9  東京 新宿
19:00〜OPEN【桃山商事×田房永子presents2016年下半期「ジェンダー事件簿」総まとめ!〜男に優しく、女に厳しいニッポンのニュース報道〜】@ネイキッドロフト!出演/清田隆之、田房永子
<予約はこちらから>http://www.loft-prj.co.jp/schedule/naked/53176
posted by tabusa at 12:40| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする