2016年02月11日

妻の妊娠中不倫議員

妻の妊娠中不倫議員、ショックだな。
信じたくないです。
人んちの旦那の不倫を信じたくないなんて初めてですよ。
だってあんな育休宣言して、あの人いま現在世界一、不倫しちゃいけない人じゃん
彼の人生の中で、こんなに不倫しちゃいけない時期ってありますか? 
いつ不倫しちゃいけないの? 今でしょ!

(ここからは、以下の私の漫画「お母さんみたいな母親にはなりたくないのに」の第3話の後編『世の中にはA面とB面がある』を読んだ人しかよく分かんなくてすみませんが、そういう感じで進めますね)
https://cakes.mu/posts/12113

宮崎議員は、議員という極A面の立場から、「僕、B面男子になります!」って宣言したわけですよね。
政党とか個人的なものとのかの何かの策略がからんでるような若干の胡散臭さはあったけど、そういう、極端なA面とB面の橋渡し的な存在っていうのは今までいなかったから、ちょっとこっちは期待しますよね。
「こっち」っていうのは、B面に来させられてて両面のつじつま合わせしてる人たちのこと。
家族(主に妻)という超近しい者がB面行ったり来たりしてるのに、それに全く気付かずに平然と今まで通りA面だけで過ごしてる人が、B面にも気を配ってくれるようになったら、世の中の平和度は上がるからね。
宮崎議員が、そこに彼の思惑があったとしても、そのシンボルになってくれる人がいるといないじゃぜんぜん違うし。

それが、浮気だって。しかも、男の性欲・征服欲・遊びに寛大というかそれを中心に動いているA面でも、一番「最低」と軽蔑される「妻の妊娠中の浮気」。
なんか私は信じたくない、っていう気持ち。
「B面に、出張行きます!」って言う人が、そういうことになるって余りにも出来過ぎだから、嘘であってほしい、ハニートラップであって欲しいって思ってしまう。

それに、あれだけ大きく宣言しておいて、出産間近の妻の世話をする様子を自宅の中まで撮らせてた人が、いくらなんでも浮気するのか? って思う。
性欲ってそういうものなの? 
もう自分が今まで信じてた概念や許容してた当然が覆されちゃう感じがするんですけど。
そんなバカがいるのか? いたらもう、何を信じればいいんだ? っていう感じ。

もしハニートラップとしても。それを仕掛けるのは絶対A面の人だし、仕掛けるA面がいるっていうこと自体がもう絶望。どこから見てもA面とB面の、今まで以上の更なる分断でしかないっていうのが絶望なので、目を逸らしたい。

宮崎議員はもともと女ったらしの絶倫、ビョーキ、という報道も出てますね。
もし本当に絶倫故の事態であれば、その絶倫は、依存症と呼べる、治療を必要としていいものだと思います。だって、こんな絶対しちゃいけない人が絶対しちゃいけない時期にしちゃうなんて、普通の人が「やっちゃいけないこと(犯罪・痴漢・万引きなど)」をやっちゃうのと同じレベルの話だよ。
自分の人生が狂うって分かっててもやってしまう、分からなくなってしまう、そういうのが依存症だから。

とりあえず、以上です。

○今日の読書○
61dqKlDEgML.jpg





posted by tabusa at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする