2016年02月06日

やばいやつと暮らしてる系ドラマ

NHKでやってる「はぶらし」ってドラマ、すごい
水絵(池脇千鶴の演技)がすごすぎて、むっちゃくちゃイライラする〜
ていうかぜんぜん追い出さない鈴音(内田有紀)がすげえよ 笑 

「ナオミとカナコ」は高畑淳子が見たくて見てます
ドラマだと自然な流れ? になってるけど、リアルだと、モラハラやDVの人と一緒に暮らす羽目になってしまった(暮らしてた人がそうなってしまった)時は、ああいう風に殺害を企てるっていうのが一番行っちゃいけない方向だし、一番つまらない解決法だからやめたほうがいいなーって思います(当たり前のことを当たり前に言う)
二人は遺体を埋める予行練習みたいなのしてたけど、あれはすごくいいなーっておもった。一度やったらそれだけで結構スッキリしそう。これは大変すぎるしリスクが高すぎるってわかって、それでまた別の考えが浮かんできそう。殺人セラピー、みたいな。

「家族ノカタチ」も、やばいやつと暮らしてる系にカテゴライズできますね。
独身の子どもが自力で買ったマンションに親が押しかけてきて住み着いちゃって、仏壇とかグランドピアノとか勝手に置いたりするって話です(ザックリ)
独身の子どもは「一人がいい、結婚して子どもを持つなんてコスパが悪い」って言ってて、親が無理矢理介入・干渉することで、最終的に「やっぱり家族っていいよね」ってなって、結婚して終わるって話だと思います(予言)
posted by tabusa at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする