2017年06月27日

「キレる」というのは、パニックの状態を指す

豊田真由子氏の騒動、最初はネットニュースの見出しだけ見て、その音声、絶対聞きたくないなーって思った。だけどネットで私が描いた「キレる私をやめたい」を引き合いに豊田氏の音声について書いてあるのをいくつか見て、聞いてみようと思いました。

ちなみにコレです↓
発売中のコミックエッセイです
キレる私をやめたい~夫をグーで殴る妻をやめるまで~ (BAMBOO ESSAY SELECTION) -
キレる私をやめたい~夫をグーで殴る妻をやめるまで~ (BAMBOO ESSAY SELECTION) -

第1話(せっかく作った野菜ジュースを自分でぶちまける)試し読み 
http://sukupara.jp/plus/mag_detail.php?manga_id=80&story_id=989

豊田真由子氏の気持ちが分かる、とかって言いたいわけではなく、擁護とかでもなく、本当の豊田氏の気持ちは私には分からないけど、報道を見た私の個人的感想を書きたいと思います。

====
あの音声を初めて聞いた瞬間、「ああ、これか」って思いましたよね。
このハゲーーーーー!!!ちーがーうーだーろー!
のところとか、ああ、うんうん、って思いました。
破裂する音、声だよね。
秘書の人は、弱々しい声ながらも、「失敗を訂正する」というこれからの行動について確認をしているんだけど、それに対して「私を傷つけるな」と絶叫する。噛み合ってない。会話としても、テンションとしてもおかしすぎる、両者はそれぞれ異次元にいる。
実際、異次元にいるんだと思う。豊田さんは。この時。
秘書に対して言ってるけど、本当は秘書に対して言ってない。
常にパツンパツンになっている豊田さんの体内にある風船が、車の中とか、秘書と二人きりとかの時に、ちょっとの拍子で破裂してしまう状態なんじゃないかと思う。
私には、怒号じゃなくて悲鳴、罵声じゃなくて哀願に聞こえた。
子どもの悲鳴に聞こえた。自分の思い通りにいかなくて泣いてる子ども、ではなくて、自由を奪われて命を取られるみたいな非常状態にいる子どもの声、という感じ。

状況として、もう失敗はしちゃったわけだし、その失敗した秘書に対しての怒りを表すことは人間として普通だと思う。だけど大きな声出して車の中で叫ぶ必要はないわけで、怒るにしてももうちょっといろいろあるのに、こんな一番ヤバい方法でしかできない、しかもそれが日常だったわけだからこうしてテープに録られてしまう。

私は「キレる私をやめたい」で「キレる」行為というのは、「怒り」というよりも、パニック状態なんだと思う、ということを書いた。
釣り上げられた魚が、船の床の上でビチビチと跳ねる感じ。
7日生きて力尽き、コンクリートの上でひっくり返った蝉が、少しの風に反応してブババババと暴れる感じ。
私は、キレる、はこの、「死」の間際にいる生き物が起こす反応である、それが一つあると思ってます。

キレる人っていうのはたいがい体は健康なわけです。
だからそういう人が自分の「死」を予感して怖くなってパニクる、というのは意味が分からないかもしれないが、キレやすい人というのは、本人にとっては「死」がいつも横にいる、そういう感じなんですね。心理的に。
例えば、「キレる私をやめたい」で描いた、私のこと。
私はずっと、「ダメ出し」をされるとものすごく反応してしまっていた。私の中で、「ダメ出しされる=相手が私を否定している=私には価値がない=地球から追い出される(つまり死を意味する)」というような回路ができていたんですね。
これだけ見てもなんでそうなるの、と意味が分からないと思うんだけど、とにかくそうなってた(詳しくは是非「キレる私をやめたい」をお読みください!)。

自分がした失敗もとにかく許せなかった。「失敗=地球から追い出される」だから。どうして、自分が自分を死に追い込むようなことをするのか、理解できなくてパニックになる。
私は、夫に対してキレまくって暴れたりしていたけれど、それは充分にオカシい行動でヤバい人だったのだが、私がオカシかったのは、その、「日常が『死』に直結する回路」が体の中にできていた、というところです。
『死』を予感してパニックになってそれに対して反応する、という部分は、健康的だと思う。ただ、普段から、安全な場なのに勝手に『死』を予感する、日常のささいなことに対して「私に死ねって言ってるのか」というメッセージを感じてしまう、そこがオカシい。
そしてそんな回路が自分の中にあるなんて全く気づいてないから「私はオカシイ人間だ、ヤバい、変な性格」とひたすら思う。それによって、更に「自分には価値がない、生きてる資格がない」と思いつめる。思い詰めるといっても、しっかり言葉になっているわけじゃなくて、自分でも知らないあいだに無意識が自分を追い込んでいる。自分の知らないところで回路はさらに強化されていく、そのサイクルが体の中にあることが、まずかった。
キレやすい人の中にも、いろいろタイプがいると思うけど、私のように、間違った回路を持っている人は、その回路の間違いを修正すると、日常に対して落ち着いて対処できるようになっていく。

とまあ、そういうわけなんですが、豊田氏が録られてしまった音声テープを聞いていて、豊田氏もそれに似ている回路をお持ちなのではないかと思った。とにかく「失敗」というものが嫌い、苦手、許せない、恐怖、なのではないだろうか。失敗=自分の価値がなくなる=死を意味する、という回路がある人なんだ、と思って聞いてみると、実に“マトモな”反応に聞こえました。このハゲーーー!の部分。
「支持者を怒らせるな」「私を傷つけるな」「私のほうがよっぽど痛い」というセリフにも、その感じを感じました。私は、ね。勝手にね。

あと感じたのは、秘書と自分が一体化してるところ。まあ、職業的に当たり前なんだと思う、秘書の失敗は議員の責任、みたいなことは。
私は昔、自分の親が恥ずかしい行動するのが本当に耐えられなかった。特に、自分の夫に向かって失礼な言動、みたいなことをすると、全身を切り裂かれるような苦痛を感じた。
それは、自分が親と一体化しており、親の言動に対して夫が下す親への反応、が全部そのまま自分に対しての評価になる、みたいな錯覚を持っていたからである。
親が、自分の思う範囲の言動をしてくれないことは、私にとって、自分が自分を裏切るみたいな苦痛だった。だから親の一挙手一投足が気になるし、イライラする。
親と一体化しているし、夫との境界線も、曖昧な状態だったんだと思う。親がこうしたら、夫は私をこう思って嫌うに違いない、という想定で動いているから。夫がどう思うかというところも勝手に決めつけている。
豊田さんの音声を聞いていて、それと同じ構図を感じた。豊田さんは秘書と一体化しているし、支持者とも一体化しちゃっている。本来なら、そんなハガキを大量に書き間違えて送っちゃうような激ヤバな失敗をする秘書なら、ありえない!と思ってすぐにクビにしたりとかよく分かんないけど、対処をすりゃあいいだけのはず。あと、そういう理不尽をチャンスに変えちゃお☆ とか思うことだって人間にはできる。
だけどとりあえずブチ切れて暴力を振るうという一番生産性のない行為(それどころか今回は破滅)をしてしまう。失敗は死を意味し、周りの人間と一体化している故の反応なのではないかな、と思った。

ミュージカル風、詩吟風、と呼ばれるパートのところ。私は擁護したいわけじゃないんだけど、ここはなんか、対等な喧嘩ではなくて上下がある関係で一方的に自分だけがテンションぶち上げ状態でキレている状況を緩和させるための策なのではないか、と感じました。エスカレートする自分にブレーキをかける感じです。
この状況じゃ、相手の秘書は自分に対して怒ったりしないから、このまま自分の暴力が激化して秘書の車の運転に影響が出て事故になったらまずいとか、逆に秘書(年上で異性)が反撃してくるかも、という怖さを感じて、急にクールダウンしようとして、なんていうか、「そんなに怒ってない」みたいな空気にしようとして、歌い出すという奇怪な行動になったのではないか。豊田氏なりのユーモアなのではないかと、私は音声を聞いてて思いました。
歌い方とか言ってる内容が凄惨すぎて単なるホラーでなんのブレーキにもなってないんだけど、「お前の家族が事故にあってぐしゃぐしゃになって」、という、書くのもいやなフレーズのところは、その言ってる時に自分が乗っている車がそういう目に遭って自分がそういう目に遭ったらどうしようという恐怖心と、部下の失敗を責める、という行為がごっちゃになって、そういうセリフになったのかもしれないな、と思った。
例えば、「いま、こんなに私を怒らせて、この車が事故になって私がぐしゃぐしゃになったらどうするの?」と本当は思ったのだけど、事故が起こりそうな行為をしているのは自分(運転している秘書を殴っている)なわけで、その矛盾がああいう発言になったのかなーとか。

「キレる私をやめたい」のイベントで、「『キレる』は自分の身を滅ぼすよね、だからやめなきゃいけないよね」って話を何度かした。
とにかく、キレやすい(死直結回路が体内にあるせいですぐパニックになる)と、人の信用をなくす。離婚されたり、人生が破綻することもある。そして、はずみで相手を怪我させたり、殺しちゃう可能性もある。そしてキレて車の助手席から無理矢理降りたり、とんでもない危険行為をして、自分が命を落とすこともある。キレるは自傷行為です。
自分の怒りの感情を表に出して、相手に気持ちを訴える、ということは普通のことであり、人間関係を培っていく上で必要なことだけど、「キレる(その場にそぐわないパニックを起こす)」というのは何もいいことがない。

「キレる私をやめたい」に書いたけど、私の場合は、カウンセリングやセラピーで自分の中に「死直結回路」があると気づきました。本当に、そういうの、誰も教えてくれないんだよね。自力でいろいろやりました。
豊田真由子さんも、東大とかハーバードとかですっごい勉強してたと思うけど、ほんと、「キレない生活がどうすれば送れるか」は、東大でもハーバードでも、教えてくんないんだと思います。

誰が教えてくれるのかというと、自分なんだよね。
キレることで、自分の中のどんな問題を自分は訴えているのか、やっぱ自分で聞いてあげなきゃいけない。その方法を知らないから、目の前の「言いやすい人」に対して「こんな私をどうにかしろ!!!!!」とパニックをぶつけるしかなくなっちゃうわけですね。
ハゲーーーの悲鳴のところとか、詩吟のところとか、もう、豊田さんの心は相当な状態だと思います。なんかちょっと、まゆげの書き方も眉間の距離とかすごい状態になってるし、あれもなんか、自分と自分以外の世界の境目がよくわかんなくなっちゃってる疲れの表われなのではないか、とか、まあ、いろいろ余計なことを思いました。

===追記===

こういう風に「加害者」「異常者」についてのことを、「あの人にも事情があった」みたいに書くと、すごく反発がある。それは、被害を受けた側からの「事情があったからなんなんだ」「だからってどうしてこっちがそれを飲まなきゃいけないんだ」みたいな反発ですね。
「キレる私をやめたい」に対しても、そういう反応が一定数ある。
しかし私は、「加害者にも事情があるんだから、許してください」ってことを言いたいんじゃない。
私もキレられたことがある。あんなに理不尽なことはない。その人にも事情があったんだ、と思っても、その人の印象が変わることはない。未だにトラウマありますし、彼らの事情を知ってもそのトラウマが消えるわけではない。全く別の世界の話である。私が豊田真由子氏の秘書でも、きっとテープを録ったと思います。

だけど、加害者側が「私にはそうなる事情があったんだ」と思うこと考えることは、とても重要なことだと思う。その課程を通らないと、反省(被害を与えた相手の気持ちへの理解に近づく)なんてものはできないです。
加害者の事情について考えるというのは、被害者の人へ許しや理解を求めるメッセージでは全くないのです。だから別に、被害に遭った人は、そんなやつの事情を汲まなくても全くいいと思います。


===お知らせ===

お知らせです

8/26に、岡田法悦さんのゲシュタルトセラピーのワークショップセミナーに、1日だけ出させていただくことになりました。ワークショップ自体は26日、27日の二日間です。私が参加するのは26日だけです。

「キレる私をやめたい」のゲシュタルトセラピーの項と、あとがきの対談に登場する、岡田法悦さんです。
私にとっては、「キレる」については、ゲシュタルトセラピーがすごく効果がありました。

私からの告知を見て申し込む人は、4000円以上割引になるそうなので、「岡田先生、田房先生のご紹介で申し込む」のところを「はい」で申し込んでください。早期割引と同じ額になるそうです。
お申し込みはこちらから。
https://www.iryo.jp/product/2219/

セラピーとかに馴染みがない方にとっては、高い金額だと思います。でもまあ、キレると親子問題がテーマになったゲシュタルトセラピーのワークショップっていうのあんまりないと思うので、興味ある方はぜひお越し下さい。
当日は撮影して、DVDにもなるらしいです。私もいまからちょっと、緊張しています・・・
posted by tabusa at 14:52| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

泰葉さんタレント引退のニュースと「フランケンシュタインの恋」

泰葉さんタレント引退のニュース、この記事を見て、哀しさが込み上げた。

泰葉タレント活動終了を宣言【これまでの騒動】 ブログ閉鎖、母・弟が謝罪…
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170606-00000101-dal-ent

奇行を、「奇行」としか呼ばない世界観の視点から見た、奇行の遍歴の羅列。
愛が無くて泣きそうになった。
こんなに冷たくて悲しい芸能記事、見たことがない。ヤバすぎて触れられない、記事にできない、というほうがよっぽど愛があるんだなと思った。

とは言っても、ニュース記事に今の泰葉さんについて書くとしたらこうにしかならないんだってことも分かる。当たり前だってことも分かる。
〜〜〜〜〜

いまやっているドラマ「フランケンシュタインの恋」面白いです。
キレちゃう人の話として見てます。研さんはこんなに加害性を周りの人にケアしてもらえてうらやましい。苦しんでることを、「苦しんでいるんですね」と受け止めてもらえる環境。自分の加害性は、自分だけのせいではないこと(研さんの場合は菌とか過去)を分かって貰えるってこと、理想的である。
主題歌(RADWIMPS「棒人間」)がまたものすごく良くって、毎日聴いてます。
キレやすい自分が嫌で嫌で、「普通の女の人」が普通にできない自分がつらくてつらくて、役所に行くのが怖くて公的手続きができなくて不便で不便で、一刻も早くマトモな人間になりたかった。毎日うめくように苦しくて這いつくばるようにふんばってた。黙っているけど、心の中では悲鳴をあげてた。たまに口から悲鳴が出ちゃうこともあった。
今はなんとか、ストレスなくできるようになった。折り合いがつけられるようになった。ほどよく鈍感になれた。自分ですごいな、と思うほど自分はものすごく変わった。
「棒人間」の頃にはぜんぜんまったく戻りたくない。だけどこの歌はずっと聞いてしまう。

そういう時に泰葉さんの引退のニュースを読んで、「迷惑がられるだけ」の感じ、“本当の矛先”をぶつけられない状況を想像して胸が苦しくなった。

泰葉さんのライブに行った時のブログ
http://mudani.seesaa.net/article/126570081.html
泰葉さんのライブ(4回目)に行った時のブログ
http://mudani.seesaa.net/article/141737609.html
posted by tabusa at 00:43| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

ポエム

欲しいものを「欲しい」と思えること
言えること
伝えられること
伝わること

相手が「欲しい」と思っているものを
あげること
あげられること
聞けること
聞き入れられること

相手が一方的に思う「『あげたい』モノ」
ばかりもらっていると
疲れてしまう

「何が欲しい?」「何か必要なモノある?」「何か欲しいものある?」
とは聞いてくれない相手といつもいっしょにいると
それだけで
自分の欲しいものがなんなのか
わからなくなってしまうことがある

「これが欲しい」と言っても
黙って無視されたり
「あなたにはそんなモノ必要ない」と決めつけられたり
「欲しいなら自分で用意しな」と拒否されると
それだけで
実は人は
弱ってしまう

そういうことに
わたしはきづいた
posted by tabusa at 19:23| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

親の業

子どもに対する、自分の態度。
よくないな〜 って思う時がある。

そんなふうにしたって、お互いによくないのにな〜 
って頭でわかってるけど、なんか体が疲れちゃってるときとか、丁寧に接することをさぼってしまうときがある。
たいていそういう時って、なんか、私はただしくてあなたがいうことをきかない って構図になってしまう。

まったくぜんぜんそんなことないのに。子どもわるくないのに、「わるい」みたいな感じになってしまう。

そういう構図になってしまうパターン、家から追い出したいな〜〜〜

あとほんと、親ってそういう主導権を握りやすいっていうか、まず最初から握ってるんだけども、握ってるくせに「主導権を持っているのはお前のほうだ」と子どもをだますこともできるし、そこまでの主導権を持っちゃってるな〜 って思う。すごいことだなーって。産んだだけで親になっただけで、一人の人間に対してそんな強力な権利を所持することができるって、親になるって、とんでもないことだなと思う。
その権力をどう自覚してどう行使するのか、それをどう考え捉えるのか、そのためにどう自分を鍛錬するのか、そこが親の醍醐味って感じする。今のところ、楽しいです。
posted by tabusa at 07:09| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイデンティティ

今はまったく珍しくないが、昔は珍しかったモッツアレラチーズを使ったパスタとか、チーズフォンデュとか食ってました。子どもの頃。
母にはこだわりがあり、今は普通にどこのスーパーでも売ってるけど、ディチェコの麺を使ってた。マ・マーは美味しくない、本場の味じゃない、っていう感じ。「本格」に重きがおかれていた。
そういった外国の料理は、母自身のアイデンティティそのものだった。

それが家庭内に強烈に漂っていた。
だから私もそれが染み込んでいて(母の虚構に取り込まれていて)、外食で食べるスパゲッティーの日本風な感じが許せず、おいしいと思えないっていうのがあったりした。
そういうこだわりを持つ自分、を感じると、陶酔状態になるような感覚があった。その陶酔状態は、本格料理についての母の態度そのものだった。
(分かるかな、この感じ。分かる人には分かると思う)

だからパスタは絶対にディチェコでした。
ずっとディチェコ。

だけど、なんか結婚してから夫がマ・マーを買ってきたことがあったか、なんでか分からないけど、マ・マーを食べる機会がありました。
ずっと、無意識に、バカにし続けてきた、マ・マー。絶対に食べることはないと思っていたマ・マー。

マ・マーが、めっちゃ旨かったんですね。ビックリした。
何年かディチェコ食わされてた夫も、「あれ、マ・マーって美味いね」みたいになった。

それからまた何年か経って、他のメーカーもいろいろ試してみて、最終的に「やっぱマ・マーが一番美味いね、飛び抜けて美味いね」という結論がこないだ出ました。

なんかそれが嬉しかった。美味しいものが夫と一致したのもうれしいし、うちはマ・マーでやってくぞ。そういう感じが。もとの家庭と、今の自分の家庭が別物だ、という実感を、物理的に感じられたからかもしれないです。
posted by tabusa at 06:58| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

これが欲しい

子どもから「これ買って」「あれが欲しい」と言ってもらえるのって、とてもありがたいことだな。
実際にそれを提供できるかどうかは別として、言ってくれてありがとう、って思えていたらいいな。
posted by tabusa at 05:24| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

娘 Nちゃんとの会話

「ママってぜ〜んぜん可愛くない」
「(・・・)そーお まあね、メガネかけてるからね」
「メガネかけてなくてもかわいくないよ!」
「メガネとったらそこそこかわいいよ」
「かわいくなーい!」
「お化粧したらけっこうかわいいよ」
「かわいくないよ!」
「Nちゃんのママなんだからかわいくないわけがないよ」
「かわいくなーい」

よく分からないけど、心に残ってる会話 でした

なんていうか、自分の顔とか容姿のこと、昔からずっとつらくて、ネットで「田房はデブス」と書かれたりするのも耐えられず、最近はネットで自分の顔写真を公開するのはできる限り避けている。どちらかというと、そういう不用意なことを言われる場に大切な自分の顔を晒したくないという気持ち。ずっと、見た目について近親者から嫌なことを言われ続けていて、「自分は誰よりも醜い」という思い込みがあった。それがだんだん回復してきたのに、ネットという場所に置くことによってまたそこに戻ってしまう感覚を現実で感じるのが嫌だから。
それとは別に、実生活では、娘がいつかこういうことを言ってくるだろうな、と思ってた。子どもって、「かわいいママ」の基準があるから。そういう時に自分ってどういう気持ち・対応するのかなと思ってた。想像がつかなかった。実際に起きてみたら気持ちは凪な感じで、淡々と「自分はかわいいよ」って言ってる自分に、少し驚いたし、なんか面白かったというか、正直、誇らしい気持ちになった。あんなに自分の見た目が嫌いでそのことで面倒なこと・大変なこともたくさんあったのになんか、偉いなって、思った。こんなこと、人に読ませるようなことではないことなのかもしれないけど、でもなんか、ここに残しておきたくなった。
posted by tabusa at 21:22| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

んまー

清水富美加さんのニュースの、事務所からのコメント(無理矢理やらせた仕事はない)、うひ〜って思った。
「強い立場」がそう言うのってほんとよくあるパターンだよね。実際の事実がどうとかって話ではなく。

「にじいろジーン」が好きで前からよく見てたけどベッキーから清水富美加に変わった時、すげ〜〜!!超適役〜こんなにベッキーのあとを継げる人が出てきたらベッキーどうするの〜〜〜って思った。
そう思ってたんだけど、だんだん清水さんの元気がなくなっていく感じ(特にディズニーシーかなんかのロケの回、すっごいそう思った)がしてて、今回のニュース見て、なんか個人的にはしっくりした。
と、あとから言うパタ〜〜ン。

posted by tabusa at 05:46| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親のせい

「人のせいにするな」っていうのありますよね
あれがよく分からないな〜

なんでいけないのかな。
本人に面と向かって「お前のせいだ!!」って言うのは、よくない(あんまり意味が無いから)と思うけど、「誰かのせいにする」をいうことを全面的に禁止すると、なんにも進まなくなっちゃうよね。

親の言動で子が「苦しかった」と思うのって、大ざっぱに言うと、親が「子のせい」にしてるからなんだよね。
例えば・・・って今書こうとしたけど、めっちゃくちゃ長くなるからちょっと他にもやることがあるから今やめとく。

↓と言いつつ書く。

とにかく、親が「愛」という言葉を以て子にめちゃくちゃなことをする時、親の頭の中は「この子はどうしてこうなんだろう。このままじゃ大変なこと(この子が不幸)になる…。それを正せるのは私しかいない」って感じになってると思う。そうやって正当化している。
あと、「この子って本当に○○だな」(○○の中には、わがままとか陰気くさいとか意地悪とか性格悪いとかよくない言葉が入る)って親が思って、本人に言ったり、「そういう性格の子」と思い込んで行動したり、それを理由に自分の言動を正当化したり(例・この子がこうだから私はこの子に優しくできない)することってある。
それって、親が「子のせいにしている」って状況だと思うんですよね。
「この子がこうだから、私はこうなんだ(こうするんだ)」って。それって、「人のせいにしてる」よね。親が子のせいにしてるよね。

親の問題で苦しい人は、つまりず〜〜っと、親から一方的に「お前のせい(で私は苦労してる、お前がこういう性格だから私は楽しく子育てできない等)」にされてきた可能性が高いのです。
そこから脱するには、その『せい』を手放す作業が必要なんですよね。
だから「親のせい(親が私のせいにしてきたせいで)」と考えるのが手っ取り早い。

その課程をすっとばして「親は悪くないけど私も悪くない」ってところに行くのは、普通の人間には無理だと思います。いけてたら、最初からいけてると思います(つまり、親がそういう子のせいにしない親だった、というだけ)

親から「お前のせいだ」という念をもらったという自覚がまだない人のいう「親のせいにするなんて」っていうのは、無視してよい。(本当にそういう念を一切もらわずに来た人とか、そこに既にいない人は「親のせいにするな」ってあまり言ってこない)
posted by tabusa at 04:44| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

意味付け

このツイートを見て、わ〜〜!! って思いました。

震災に意味付け やめて
https://twitter.com/CybershotTad/status/829488750828756994

以前、何かの手違いで「親に感謝、親を大切にしないとダメ」っていう主張の人と対談することになって、当日になってお互いに「え?」「え?」みたいになったことがありました。
私が「母親の『膜』の中で生きることを強要される娘の苦しさ」について語ると、その方は「でも、田房さんはお母さんのことを書いて本出してるじゃない!よかったじゃない!」って言うんですね。
私は「そういうことじゃなくて」って説明するんだけど、その方は最後まで「田房さんのお母さんは、田房さんが作家になれるように鍛えてくれたのよ(自立を促すためにわざと嫌がらせっぽく見えることをしていた、ネタを提供してくれた)!」って言ってました。
口 あんぐり でした。

あんまりないけど、過去に数回、そういうことを言う人に会ったことがあって、私はもともと漫画家になりたかったし、デビューした時はぜんぜん違う漫画を描いていたし、30歳に入って自尊心回復作業をやりまくってやっと単行本を出せたと自分で思ってるんですよね。
幼少期と10代20代の30年間でとことん自尊心を破壊され続けて、大人になって自力で回復作業をしないといけなかった。そこの部分を、他人から「小さい頃から破壊されてたおかげで、今そうなったわけなんだからよかったじゃない」って言われるって、すごいことなんですよね。心外だし侵害だし、超失礼…。
私の中では、「最初から破壊されてない状態」でも同じ結果だったとしか思えないし、なんていうか結果がどうっていうんじゃなくて、親が子の自尊心を無自覚に破壊するようなことは、ないほうがいいに決まってる、わけなんです。
自分でそれを「なかったことにしている」時期は本当につらかった。その時期は私も自分で『意味付け』をしていた。「親はきっと私を思ってそういうことをしてくれているんだ」と思おうとしたり、いちいちストーリーを作って自分を誤魔化していた。
だけど自分の「つらい」って気持ちに寄り添って、自分の身にはこういうことが起ったんだと認めて、それを立て直すのは自分しかいないんだって分かったところで、やっと回復作業を始められるわけなんですよね。

親にこういうことをされた! ってエピソードを書くことによって「私は悪くない」ってことを書きたいわけじゃなくて(だってもうとっくのとうに「私は悪くない」なんてこと分かってるんで)、「こういうことはないほうがいい」ってことを書いてるわけです。

だからこの記事を読んで、わあああ、同じ気持ちだ…! って思いました。

======
ブランシュシュさんに、私のインタビューが掲載されました〜

「親を嫌い」って言っちゃダメですか?
http://www.blanchechou.com/interview/tabusa-01/
posted by tabusa at 05:47| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする